オンラインカジノには様々なゲームがあり、管理人の私はルーレットにどっぷりです。過去に有名なテーブルゲームであるバカラ・ブラックジャックなどを攻略しようと資金管理術やベッティング法を試しましたがうまくいきませんでした。

 

もっとも控除率の低いブラックジャックでも結果が出せなかった私が唯一結果を出せたのはルーレットになります。

 

今回は『ルーレットが好きだ!』『ルーレットを攻略しようと考えている!』『オンラインカジノで勝ちたい!』という人に向けて重要な考え方をまとめてみました。

 

控除率はそんなに大事か?

オンラインカジノに限らず、ギャンブルで勝つには控除率の存在を考えないといけません。しかし控除率が低いから絶対勝てる。というモノでもありませんし、控除率が高いから絶対に負ける。というものでもありません。

 

控除率の高い競馬やパチスロで結果を出している人達もいる

 

一般的に控除率の高い“競馬”や“パチンコ”でもプロがいるように勝ち続けている人もいます。オンラインカジノの控除率は競馬と比較すると15%~25%も低く、理論上勝ちやすいはずですが、負けている人が多数いらっしゃいます。

 

結論から言うと、その人のスキルや立ち回りで控除率なんて変わります。言うまでもなく、控除率100%以上をたたき出さないと勝ち組にはなれません。

 

控除率100%をたたき出すためには、技術介入の余地しかないのです。ここから先、ルーレットにどのような技術介入があるのか軽く説明していきます。

 

ガチムチ
待ってたぜ~!!ヒューヒュー!!

kome
だまれ!〇すぞコラ。

ルーレットで負けている人におすすめの考え方

 

ルーレットで勝つには技術介入の余地を探すしかありません。管理人であるkomeも『ルーレットで技術介入できるところはないか?』という視点で常にルーレットに向き合っています。稼いでいる今でも新たな発見を日々探しています。そのため、誰も考えつかない・ネット上には存在しない私だけの考え方があります。

 

どういった視点で探せば良いのかは以下で紹介します。

 

資金管理・ベッティング方法について

 

資金管理は必ず決めておきましょう。これは絶対に必要です。

 

具体的に言うと、『~浮いたらやめる』『~減ったその日はやらない』という勝ち逃げ設定額と負け逃げ額(ロスカット額)です。中・長期的に考えればこれができているだけでも必ず成果はでます。これは基本中の基本なので勝ちたい人はしっかりとやってください。

 

資金管理について以下の記事は非常におススメです♪

 

次にベッティング方法。フラットベットをし続けると絶対に勝てない。という情報をよく目にしますよね?その理由として大数の法則が働くのでベット金額を上げ下げしないと控除率に飲まれてしまうと。

フラットベットとは?
常一定の金額をベットし続けること

 

天才ギャンブラー“森巣博さん”もそれが攻略法だとおっしゃっています。で、実際のところどうなのか?

 

私の経験上、フラットベットでも勝つことは可能です。実際に、フラットベットで勝率を上げるためにずっとデータを取り続けた時期もありますが、全然勝てます。(短期的には勝ったり負けたりを繰り返すのでイメージとしては緩やかな右肩上がりのデータでした)

 

フラットベットでも勝てる。というのを簡単に説明すると要は勝率を上げてしまえばいいのです。ルーレットの赤黒を例に出すと約150%の勝率を55%に上げるだけでも勝ち越すことができます。たとえばトータル100万円分ベットした時に勝率が55%ならば、

  • 100万円×55%=55万円勝ち
  • 100万円×45%=45万円負け

 

55万円-45万円=10万円の利益となります。あと問題は勝率をどのようにしてあげていくのか?という部分ですね。大事なのは勝率を上げるための視点です。

 

kome
ベット金額の上げ下げは確かに有効です。しかし、心臓に悪かったり精神的に崩れやすいのは事実。また、むやみに上げ下げしても結果はでません。『大きく張るとき』『ミニマムベットで耐えるとき』のタイミングがしっかりと計れる人でないと少し苦しいかもしれません。

 

komeが勝率を上げるために意識していること

 

大前提で、確率はずっと同じである。という事を頭に入れておいてください。私もそこは十分理解しています。

 

確率どおりにすべての結果が収束するわけではありません。まして1日単位の少ない試行回数では収束するわけがありませんからね。そのため、目のつけどころが非常に重要だと考えています。

 

ここでは私が勝負中に複数意識している出目の流れで『階段』というものを紹介します。

 

ルーレットの出目事象『階段』について

ルーレットにおける『階段』とは、数字が上がり続ける。もしくは数字が下がり続ける。という事象です。参考に下の画像を参考にしてみて下さい。

kome
ちょっと画像が小さいけど我慢してくれっ!我慢汁だけは勘弁してくれよっ♪
※右側が過去の出目

 

(右から)『25』『29』『36』と数字が上がっている出目です。普段から階段を意識していれば『25』『29』ときた時に『30~36』にベットできればストレートベット7点でも的中させることができます。

 

 

(右から)『17』『25』『30』と数字が上がっている出目です。『17』『25』という流れで賭けるとすればダズンの『25~36』がおすすめでしょう。(配当3倍)

 

 

(右から)『29』『22』『11』と数字が下がっている階段です。この場合ですとビック・スモールの『1~18』で賭けてもいいですね。(配当2倍)

 

 

(右から)『10』『6』『2』と数字が下がっている階段です。『10』『6』ときてますから大チャンスです!ここは思い切って『4』『2』の2点で勝負してみましょう。1点5ドルの計10ドルでも的中すれば180ドル返ってきます。大切なのは思い切りです。

 

 

もちろん外れる事も多々あります。しかしこういった『人が考えつかない視点で出目や流れを観察する』ことこそがまさに勝率を上げるポイントです。

 

ルーレットで『階段』など聞いたことがないと思います。正解はありませんが、意識するだけで出目の流れを読んで勝率を上げることは可能です。おそらく、あなたもこの記事を読んで階段を意識すれば今までスルーしてきた階段に気づき、勝率を上げることができるかもしれません。

 

今回は階段を例に出しましたが、他にもおもしろい出目が無数に転がっています。ルーレットで勝つための技術介入とはまさにこういった視点を指します。

 

『気づけるか・気づけないか』で勝率は大きく変わります。階段の最後に紹介した『10』『6』と黒の階段が来た時に『4』『2』の2点で勝負に出て、的中すれば少ない資金でも一発で利益を跳ね上げてくれます。

 

ぜひこういった視点でルーレットに取り組んでみてください。ルーレットで勝つために参考になる記事は以下もおススメです。

おすすめの記事