どうもkomeです。

 

突然ですが...

 

「カジノってイカサマがあるんじゃ…」って思ったことありませんか?

 

カジノの中でも一番言われているのが、ルーレットにイカサマはあるのか?ということです。

 

何故かというと、ルーレットはディーラーによって結果が変わるからです。バカラやブラックジャックでは、ディーラーは勝負の結果とは無関係です。

 

今回ルーレットのイカサマに関しての個人的な見解と、最後に現在使っている超実践的なライブルーレットの攻略法も紹介しちゃいます!

 

ルーレットのイカサマって??

 

kome
そもそも何をもってイカサマというのか?

ルーレットは客対ハウスの勝負ですので、基本的にイカサマのしようがありません。ライブルーレット・ソフトルーレット・ランドカジノ別にみていきましょう。

 

ライブルーレットのイカサマ

 

オンラインカジノのライブルーレットでは、コンピューターでもありませんし、『誰かがここ一番で大金を赤に賭けたから』と言って黒に落とすことは不可能です。

 

あるとしたら誰も『0』に賭けていないときに、『0』に落とすことでしょうか?

 

ソフトルーレットのイカサマ

 

ソフトルーレットをしていて、『1/2のはずなのに全然当たらない…』『1/3なのに15連続で来ない…』こんな経験をして『イカサマなんじゃ…』って思う人がいると思います。私がそうでした。笑

 

確かにソフトルーレットだったら、ライブルーレットみたいに全員で結果を共有するわけじゃないので『イカサマはありえない。』と証明することは出来ません。

 

ただオンラインカジノは第三者機関による定期監査が行われており、ゲームの公平性・プレイヤーへの還元率などが監査されます。もちろんソフトルーレットを提供しているソフトウェア自体も監査されます。

 

ソフトを提供しているソフトウェア会社の年商は1,000億円を超すような超大企業です。監査に引っかかるようなことがあれば、取り扱うカジノはなくなり、会社は倒産です。1,000億円も売り上げがあるのに、会社倒産のリスクを背負ってまで我々の小さい賭け金にイカサマなんてするでしょうか?

 

私が社長だったら徹底的にクリーンにします。クリーンにしていればほっておいても儲かるんですから。(笑)

 

ランドカジノのイカサマ

 

これは映画であるような、ディーラーと客が結託して店を出し抜く的なイカサマですね。

 

正直これは、ファンタジー的なお話だと思っていますが、本当にあったとしても…

 

『関係なくない?(笑)』

 

これはディーラーと客対ハウスの話なのであったとしても、オンラインカジノプレイヤーである私たちには関係ありませんのでご安心を。

 

ただランドカジノで本当に注意しないといけないのは、ディーラーがチップをくすねるということです。

 

ランドカジノでストレートベットに賭けていたら配当は36倍です。その時にディーラーがキッチリ36倍で返してるかどうかなんて、ゲームに集中していたら気になりません。

 

これも聞いた話なので、断言はできませんがランドカジノで注意するべきポイントは、ディーラーに貰うチップは正しいのか?だそうです。

 

ディーラーは狙った所に落とせるのか?

 

ルーレットをするうえで非常に気になる問題ですが、結論から言えばある程度できます。その訳はウィールの構造にあります。

 

ウィールが弾いてしまう。

 

ディーラーはある程度なら狙った場所にボールを落とすことが出来ますが、ピンポイントは無理です。

 

現在カジノで使われているウィールは、各数字のポケットが構造上浅くなっており、ボールを弾いてしまうからです。

 

kome
弾も一昔前より軽いんじゃないかね?

ルーレットをしていて『スポッ』と一発で入ることなんてないですよね。どうしても弾いてしまうので、そこまで計算して狙ってピンポイントに落とすことは出来ません。

 

しかし、ある程度なら狙えるんです…

 

私はここにヒントがあると思い、それからずっと使っている攻略法があります。

 

kome
以前にも少し触れましたね💦

 

『0』はある程度狙っている

 

ルーレットにおけるカジノの収入源は『0』だけです。ある程度は『0』が出てくれないとカジノは儲かりません。

 

バカラの場合はバンカーコミッションがありますので、ゲーム数をやればやるだけカジノ側は儲かるのですが、ルーレットに関しては一万投しても『0』に一度も入らなかったらカジノは理論上儲かりません。

 

カジノ側はルーレットでは、最低でも37回に1回は『0』がでないといけないのです。

 

ディーラーはピンポイントで狙った数字に落とすことはできないが、ある程度なら狙うことが出来ます。じゃあそのある程度でカジノ側は『0』を狙ってくると考えます。

 

以下の画像を見てください。

 

 

1枚目は『15』の後に『15』が連続してきています。

 

2枚目は『32』の後に『15』がきています。『0』には入っていませんが明らかに『0』付近が連続してます。

 

 

『0』付近にボールが落ちた後は、同じ強さで投げて『0』を狙っていると考えます。

 

kome
少し強引ですが、こういう考えも大切です。

 

ライブディーラー攻略『0』ゾーン法

 

この『0』ゾーン法は、ディーラーが『0』付近を狙ってくるタイミングで、こちらも『0』付近にベットするというものです。

 

『0』ゾーンを狙うタイミング

 

『0』ゾーンを狙うタイミングは『3』『25』『32』『15』の4つの数字が出た後です。この4つの数字は『0』を真ん中に左右にある4つの数字です。

 

『0』ゾーン法の賭け方

 

ルーレットを下の画像のように4分割します。そして『3』『26』『32』『15』の数字がきたら次のゲーム『A』『D』のゾーンと『0』19か所にベットします。

 

 

19か所にベットするので1,900円ベットで当たれば3,600円の配当です。

 

単純に約51%の確率で約1.9倍になる賭け方なんですが、それはあくまでもランダムに投げた時の確率で、ディーラーがある程度狙ってきているならば51%以上の確率があると考えます。

 

『0』ゾーン法でハズレた場合

 

『0』ゾーンに賭けた結果ハズレてしまった場合、おすすめなリカバリー策としては極ルーレット10連法の3回目のベットから追います。

 

賭ける場所については、その時に落ちたゾーンによって変わってきますのでお任せします💦

 

極ルーレット10連法をまだ知らない方は『実質無料でプレゼント!ルーレット攻略法10連法とは?』という記事を参考にされてくださいませ!

 

他の攻略法と組み合わせる。

 

この『0』ゾーン法は『3』『26』『32』『15』に来ないと始まりませんので、賭けるタイミングは沢山あるわけではありません。

 

そのため、他の攻略法と組み合わせて使うことをおススメします。今実際に使っていて、月単位で利益を上げているのがダブルココモ法というココモ法の改良版と、この『0ゾーン法』の組み合わせです。

 

現段階で一番低リスクで、コツコツと月単位の利益を出せる攻略法でもあります。

 

まとめ

 

ルーレットにイカサマはありませんが、ディーラーによって結果が左右される唯一のギャンブルです。

 

だからこそ、イカサマがあると言われているんだと思います。疑っても何も生まれませんので利用してやりましょう。

 

ルーレットだからこそ攻略のチャンスがあると思いますので是非この攻略法を使ってください。

お礼メールの嵐!過去に『380万円稼がせた』伝説的ルーレット攻略法

私はオンラインカジノのルーレットにおいて過去3年間で一度もマイナス収益となったことがありません。それは長年の経験による資金管理・メンタルコントールもさることながら、真剣にルーレットに取り組み様々な手法・ライブゲーム80万投分のデータ分析を行った成果だと思っています。今もなお私が軸として使用しているルーレット攻略法『極ルーレット十連法』は、配布させていただいた皆さんから約80%の確率でお礼のメールを頂けるほど効果の高いルーレット攻略法です。

kome
このお礼メールはごくごく一部です。ちなみに電子書籍のオファーも頂けました(笑)
おすすめの記事