ブラックジャックはランドカジノ、オンラインカジノにおいて愛されるゲームの1つですよね。また、カジノゲームにおいて控除率が一番有利です。

 

kome
俺が愛しているのはルーレットだけw
愛されるゲームだからこそ、プレーしている人口も多い。また、必勝法を探している人も多いと思います。
そこで今回はブラックジャックの必勝法として謳われる戦略と、私が思うブラックジャックを攻略する戦略を記事にしてみました。
結論から言うと、オンラインカジノの短期決戦勝負で勝ちたいならばブラックジャックの基本戦略を守っても勝つことはできません。基本戦略を実行して、中長期的に勝てるのであればみんなプロになっていますからね。
大事なのは資金管理とその場の流れ(自分の流れ)を読んで、リスクを最小限に抑える事だと思います。

ブラックジャック必勝法!この戦略がベースになるぞ!

 

ブラックジャックを攻略するうえで、『基本の型』といいましょうか。。これが勝つうえでの前提だ!という内容を網羅していきます。

 

しかしあくまでも基本的な戦略です。短期的にこれで勝てるというわけではないのでご注意を!

基本1 伏せられているカードは全部『10』と予想する

 

ディーラーに配られた2枚目のカードはプレイヤーに見えないよう伏せられている状態です。この伏せられたカードは『10(絵札含む)』と想定するようにしましょう。

 

その理由は、ブラックジャックでは圧倒的に『10』とカウントする数字が多いことに起因しています。

 

kome
絵札(J.Q.K)も10とカウントするので必然的に1~9の数字よりも多くなります。
オンラインカジノのライブゲームでは、基本的に6~8デッキ使用しています。これはブラックジャック真の必勝法『カウンティング』を防ぐためのカジノ側の対策です。
1デッキは52枚。そのうち『10』とカウントする数字は全部で16枚あります。計算すると16/52となり、約30%近い確率で10という数字を引くことになります。

下半身鬼男
圧倒的に10という数字を引く確率が高いんだな!
このことから、過度な期待をもってヒットorスタンドをしてしまうと大ダメージを食らいかねないので、冷静に伏せられたカードは『10』と想定しておくことで長期的に控除率を下げる戦略となります。

短期的に勝ちたいならこれに限らない

 

伏せられた数字はすべて『10』と想定しろ!という話をしましたが、短期的に勝ちたいならこれに限りません。

 

というのも、プレイヤーの手札が16など、ヒットすればバーストの可能性が高いときはスタンドをするのもありだと思います。

 

バーストしてしまえば、勝てる可能性が0%になりますからね。

 

kome
バーストした時点で『チーン』ですよね。『おティンティン』ではありません。

 

 

ガチムチ
分かっております。

 

ベーシックストラテジーのような基本戦略のとおりに行うと非常にバーストしやすいですよね。ベーシックストラテジーは長期的にみて控除率を低くする役割を果たしているのですが、短期的には負ける確率が非常に高い戦術だと私は思っています。

 

※ベーシックストラテジーに関しては下の表を参考にしてください。『ディーラーの手札がこうで、プレイヤーの手札がこうならヒットする。スタンドする。ダブル、スプリット....』というのが一目で分かる表をベーシックストラテジーと呼びます。

 

※画像引用:EX-WEBブラックジャックガイド

 

その場の流れを意識したり(ディーラーが連続バースト中など)、たとえディーラーのアップカードがハイカード(10がきたら17以上になる数字)であっても、プレイヤーの手札が15あたりでヒットするとバーストしやすい数字などであれば無理にヒットしなくても短期勝負であればOKでしょう。

 

基本2 11より下は必ずヒットする

 

プレイヤーの手札が決まった際、11以下の数字であれば必ずヒットするようにしましょう。

 

これはヒットしたとしてもバーストする可能生が0%だからです。

 

kome
11以下でスタンドする奴はアホとしか言いようがないっす♪

 

 

 

基本3 『インシュランス』を使うな!

 

インシュランスとはカンタンに言うと『ブラックジャック保険金』です。日本語訳するとインシュランス=保険ですね。

 

インシュランスの内容ですが、ディーラーのアップカードが『A(エース)』の場合に『インシュランスしますか?』と聞いてきます。

 

“保険”とはいうものの、これはディーラーがブラックジャックを完成させるかどうかの賭けです。インシュランスで賭ける場合、元の賭け金の半額を賭けることになります。例えば、10ドルを賭けていたとして、ディーラーのアップカードが『A(エース)』だった場合、5ドル賭けることになります。

 

一見、ブラックジャックを完成させやすいシュチエーションにも見えますよね? 先ほどもいったとおり『10』という数字は約1/3で引くことができます。しかし、逆に言えばこの賭けに乗ったとしても約2/3の確率で外すことになります。

 

余計な損失を出しかねないのでインシュランスは行わないようにするのが基本戦略です。

 

kome
うまくいけば失うお金が半分に減りますが、そういう時に限ってディーラーはBJ完成させやがらねー(白目)

 

 

 

基本4 17以上の場合、必ずスタンドする

 

17以上でヒットしてしまうと極端にバーストの可能性が高くなることと、ディーラーは原則『合計17』になるまでカードを引き続けるので勝つ確率が高くなります。

 

基本5 ディーラーのアップカードが6以下の場合(A除く)、16以下はスタンドする

 

ディーラーのアップカードが6以下の場合、自分のハンドが16以下でもスタンドするようにしましょう。

 

ディーラーは合計17以上になるまでカードを引き続けなければなりません。すなわち、3枚のカードを引くことになります。結果、バーストしやすい状況となりますから無理にヒットするよりも、ディーラーのバーストを待った方が勝つ確率は上がります。

 

 

基本6 A/A・8/8の場合、必ずスプリットする

※8/8の場合

 

※A/Aの場合

 

まずは8/8が配られたときになぜスプリットするかという理由です。8/8が配られた場合、合計は『16』となり、スプリットしなければプレイヤーはバーストする可能性が非常に高いです。そのため、リスク回避としてスプリットを選択します。

 

次にA/Aが配られたときにスプリットする理由ですが、プレイヤーがブラックジャックを完成可能性が非常に高くなります。テーブルにもよりますが、ナチュラルブラックジャック(手札2枚でブラックジャックとなる)を完成させると配当は2.5倍支払われますから必ずスプリットして攻めていきましょう。

 

基本7 ディーラーのアップカードによって、ダブルダウンをする

 

例えば、ディーラーのアップカードが『9』でプレイヤーのハンドが『10』だった場合、例えディーラーが『10』を引いても合計『19』になりますよね? こういったときにダブルダウンを行います。

 

ダブルダウンとは、プレイヤー有利な状況で賭け金の倍をさらに賭けることを指します。上記の場合ですと、手持ちハンドが『10』で次に『10』を引く確率は約1/3あります。そういった場面で強気にダブルダウンを使う事で、勝ち金をはねさせることができます。

 

kome
もちろん失敗もあるからそこは自分の資金と相談してちょーだいっ!
ダブルダウンには注意点もあります。ブルダウンをするとカードが1枚しか引けないという事です。
つまり、『10』でダブルダウンして『2』を引いてしまった場合、合計12で終了となります。。次にカードを引くことはできません。

kome
『チーン』ってなるやつなw

 

このあたりは中・長期的にみて期待値が上がる戦略だけど...

 

さて、上記で説明したのは、ブラックジャックの控除率を最小限に抑えるための基本戦術です。

 

この辺は昔の先人さんがしっかりと控除率の計算をし、出した答えなので収束していくことでしょう。しかし、『長期的にみて』の『長期的』の期間は我々にはわかりません。大数の法則が収束していく回数は私たちが生きている間にこなせるゲーム数で収束するかあどうかも分かりませんからね。

 

kome
この基本戦術。。私は結構ムシした闘いを繰り広げています。短期勝負としか考えていないのでね💦ま、トータルでは負けているんですがねw

ガチムチ
いや、負けているんですねw
控除率がカジノゲームの中でも一番低いブラックジャックですが、私はそれでも勝てませんでした。勝てなかった理由を下の記事で詳しく・おもしろく書いていますので良ければぜひご覧くださいネ。

おすすめのブラックジャック必勝法・攻略法

 

私のブラックジャックの必勝法・攻略法はとにかく『バーストしないことを最優先に考える』という事です。

 

kome
バーストしたら元も子もないっすからね。
あとは資金管理も重要な攻略要素になります。

 

とにかく攻めすぎないこと!

 

ベーシックストラテジーどおりに行うと、バーストの場面はかなり多くなります。ハンドが『16』でもディーラーのアップカードが『7』以上であればヒットしないといけませんからね。

 

しかし、その戦術を短気勝負で守っていたら負ける確率は高くなると思うんですよね💦

 

そのため不利な状況であれ、とにかく『スタンド!!』

 

ディーラーのバーストを待つ他力本願作戦が私は一番勝率が高いです。バーストしてしまえばディーラーがバーストしても自分の負けになりますから、とにかくバーストしないように細心の注意を払って立ち回るようにしてみてください!!

 

kome
これは守っているようで、俺の中では攻めた作戦なんだぜぇ~。ワイルドだろぅ~??

ここぞのシステムベッティング!

 

他力本願な作戦で、ディーラーのバーストを待つのに一番適しているシステムベッティングはマーチンゲール法かなと思います。

 

もちろん、回数の制限はかけないといけませんが💦(4回までなど)

 

ブラックジャックのルール上、ディーラーは合計『17』まで引くという過酷なルールが設けられています。すなわち3~5回くらいの勝負で1回くらいはバーストしてくれる可能性が高いです。

 

であれば自分がバーストしないように立ち回り、ディーラーのバーストを待つ×マーチンゲール法を組み合わせればかなり勝率は上がります。ディーラーのバーストを待っているつもりが、こちらでも良い手を引く可能性もありますからね。

 

ただし、マーチンゲール法を使っても3~4回を推奨します。理由は『地獄へのリニアモーターカー』だからですw

 

マーチンゲール法をうまく自分のものにするコツは下の記事で詳しく書いていますので良ければ参考にしてください!バカラやルーレットでも使える考え方になっていますのでおすすめです♪

 

まとめ

 

ブラックジャックに限らず、ギャンブルで必勝と呼ばれるものはありません。しかし、攻略法はあると思います。

 

自分だけの必勝法・攻略法をあみ出せるように戦術や資金管理・メンタルコントロールなどいろんな視点で攻略する糸口を探してみてください。

 

どのギャンブルの世界でもプロがいるように、必ず勝ち続ける人は存在します。私はルーレットですが、ブラックジャックの方が理論的に勝ちやすいので、突き詰めればもっともプロになりやすいゲームジャンルかと思います。

お礼メールの嵐!過去に『380万円稼がせた』伝説的ルーレット攻略法

私はオンラインカジノのルーレットにおいて過去3年間で一度もマイナス収益となったことがありません。それは長年の経験による資金管理・メンタルコントールもさることながら、真剣にルーレットに取り組み様々な手法・ライブゲーム80万投分のデータ分析を行った成果だと思っています。今もなお私が軸として使用しているルーレット攻略法『極ルーレット十連法』は、配布させていただいた皆さんから約80%の確率でお礼のメールを頂けるほど効果の高いルーレット攻略法です。

kome
このお礼メールはごくごく一部です。ちなみに電子書籍のオファーも頂けました(笑)
おすすめの記事