世界で最もプレイされているカジノゲームの1つブラックジャック。ルールは単純で簡単です。

 

kome
たぶん日本で1番有名なカジノゲームかもしれませんな。ルールは5分で覚えられると思う。

 

 

もちろんオンラインカジノでも大人気のゲームです。この記事ではブラックジャッの基本的な考え方と簡単なルールをまとめます。

 

kome
カジノ初心者に向けた記事なので、玄人さんはすっとばしてくださいね。

 

ブラックジャックの簡単なルール説明

 

ここではブラックジャックの基本的なルールを簡単に説明します。この説明を読んで一度プレーするだけで1回覚えられると思いますよ!

 

ブラックジャックの基本的な考え方

 

ブラックジャックはまず基本としてプレイヤーとディーラーの1対1の勝負です。

 

簡単に説明するとカードの合計数が21以内で大きい方が勝ちというゲームです。

 

勝率は約50%で勝てば2倍配当です。(勝率はプレイヤーの選択によって変わります)

 

同じ卓で複数のプレイヤーが同席する事はありますが、プレイヤー同士でスコアの優劣は全く関係ありません。

 

あくまでもプレイヤー(あなた)とディーラー(カジノ側)の勝負です。

 

そしてもう1つ。カードをひく順番は絶対にプレイヤーからです。

 

kome
プレイヤーのスコアが確定した後にディーラーがプレイするという事ですな。

 

ブラックジャックの勝敗ルール

 

ブラックジャックの勝敗を決するルール・基本的なルールは次のとおりです。

 

  • カードの合計数が『21』以内で『21』に近い方の勝ち。
  • カードの合計数が『21』を越えれば無条件で負け。
  • ディーラー(相手)はカード合計数『17』を越えるまでは強制的にカードを引く。
  • ディーラー(相手)はカード合計数が『17』を越えればカードは引けない。
  • カード2枚でスコアが『21』となる『ブラックジャック』が最強であり、『ブラックジャック』と『21』では『ブラックジャック』の勝ちとなる。

 

カードの数え方

 

ブラックジャックのカードの数え方は、

 

  • 『2』〜『10』はそのまま数える。
  • 『10』以上の絵札は全て『10』と数える。
  • 『A』は『1』か『11』と数える。

 

『A』と『10』、『J』、『Q』、『K』の組み合わせが最強の役『ブラックジャック』となります。

 

『A』『10』
『A』『J』
『A』『Q』
『A』『K』

 

※上記4パターンですが、どの組み合わせでも『ブラックジャック』に優劣はありません。

 

簡単なゲームの流れ

 

  • まず自分とディーラーにカードを2枚ずつ配られます。この時自分には表向きで2枚配られますが、ディーラー(相手)には1枚は表向きで1枚は裏向きで配られます。


 

  • カードを引くか引かないか選択する。


この場合『13』からカードを引きましたが『23』となり『21』オーバーなので負け決定です。

 


 

  • もうカードを引かない=今のスコアで勝負する。

 

この場合カードが配られた時点で『20』というとても強い手が入りました。

 

ここはカードを引かずにこの『20』で勝負です。

 


 

  • プレイヤーのスコアが決まるとディーラーの裏向きのカードが表向きになり、『17』以上であればそのスコアで勝負。『17』以下であれば『17』以上になるまでカードを引き続けます。

裏向きのカードが『3』だったのでスコアは『12』なのでもう一枚ひきます。次のカードが『2』なのでスコアは『14』もう一枚ひきます。

 

次は『A』この場合11と数えると『21』オーバーしてしまうので、1としてカウントしてスコアは『15』もう一枚ひきます。

 

次のカードが『9』なので合計『24』となり、『21』オーバーなのでこちらの勝ちです。

ブラックジャックの勝ち方については以下の記事で詳しく書いていますので、並行して読んでいただければ最初から勝てるかもしれませんね!

 

ブラックジャックの配当は?

 

プレイヤーが勝てば2倍。負ければ0とシンプルな配当です。

例!

 10ドル賭けて勝てば20ドルの獲得(賭け金含む)

 

ただし、ブラックジャックで勝利した時は配当が2.5倍となります。

 

『A』『10』•『A』『J』•『A』『Q』•『A』『K』

 

この組み合わせでしたね!

 

例!

10ドル賭けて『ブラックジャック』で勝てば25ドルの獲得(賭け金含む)

 

ブラックジャック用語集

 

ブラックジャックのルールを覚えるのであれば、用語もきちんと知っておく必要があります。

 

kome
用語を覚えていればいつでもカジノに行けるぞ♡

 

 

HAND(ハンド)

 

手札の事。

ハードハンドとソフトハンドがあり、配られた2枚のうち『A』があるハンドのことをソフトハンドと言う。それ以外はハードハンド。

 

UP CARD (アップカード)

 

ディーラーのHANDのうち1枚見えているカードの事。

 

BET(ベット)

 

チップを賭ける事。

ブラックジャックはBETから始まります。

 

DEAL(ディール)

 

ディーラーがカードを配る事。

 

HIT(ヒット)

 

カードを1枚引くこと。

 

STAND(スタンド)

 

カードを引かずに勝負する事。

 

BUST(バスト)

 

カードの合計数が『21』を越える事。

無条件で負けとなります。

 

PUSH(プッシュ)

 

カードの合計数が同数で引き分け。

 

SPRIT(スプリット)

 

同じ数字のカードが2枚配られた時に手札を2つに分ける事。

 

例!

『8』『8』でスコア『16』の場合スプリットをする事で『8』と『8』の2つのハンドを持つことになり新たに1枚ずつカードを引く。

 

賭け金はもともとのBET金額が2つになるので、10ドル賭けていれば10ドルのハンドを2つ持つ事になります。

 

DOUBLE DOWN(ダブルダウン)

 

あと1回だけカードを引く事を条件に今の賭け金を2倍にする事です。

例!

『6』『5』でスコア『11』の場合BUSTする確率は0%です。そして次のカードが『8』『9』『10』『J』『Q』『K』のハイカードが来る確率は45%以上あるのでダブルダウンが効果的です。

 

INSURANCE(インシュランス)

 

直訳すると保険という意味です。

ディーラーのUP CARDが『A』の時に、最初に賭けた金額の半分を追加することにより相手が『ブラックジャック』の時の保険をかけるという事です。

 

例!

あなたは10ドルベットしてカードがディールされました。ディーラーのUP CARDは『A』でした。インシュランスをかけますか?と聞かれます。ディーラーが『ブラックジャック』だと思い、インシュランスをかける場合は追加で5ドルベットします。あなたの予想通り『ブラックジャック』であればインシュランスの5ドルに対して10ドル返ってきますが、もともとのベット10ドルは負けていますので差し引きでプラマイゼロという事です。

 

まとめ

 

ブラックジャックの簡単なルールとゲームの流れ・用語をまとめましたが、まぁルールは簡単ですしそんなに迷うことはありません。

 

kome
このページを2回読んだら多分カジノに行ってもオンラインカジノでも特に苦労せずにブラックジャックをプレイできますな。笑

 

ちなみに。。私はブラックジャックで勝つことができませんでしたな。

お礼メールの嵐!過去に『380万円稼がせた』伝説的ルーレット攻略法

私はオンラインカジノのルーレットにおいて過去3年間で一度もマイナス収益となったことがありません。それは長年の経験による資金管理・メンタルコントールもさることながら、真剣にルーレットに取り組み様々な手法・ライブゲーム80万投分のデータ分析を行った成果だと思っています。今もなお私が軸として使用しているルーレット攻略法『極ルーレット十連法』は、配布させていただいた皆さんから約80%の確率でお礼のメールを頂けるほど効果の高いルーレット攻略法です。

kome
このお礼メールはごくごく一部です。ちなみに電子書籍のオファーも頂けました(笑)
おすすめの記事