どうもkomeです。

 

カジノ攻略法で有名なイーストコーストプログレッション法をご存知でしょうか?

 

kome
なんだ?ジェットコースターか?

 

簡単に説明すると、パーレー法の弟分です。今回はイーストコーストプログレッション法についてルーレット実践も踏まえ詳しく解説しています。

 

イーストコーストプログレッション法とは??

 

オンラインカジノの攻略法であるイーストコーストプログレッション法。

 

イーストコーストプログレッション法とは、基本的には勝った時の利益を更に伸ばす攻略法であり連敗時の損失を取り戻すタイプではありません。

 

このシステムベットについてルーレットで30ゲーム実践して解説していきます。

 

使えるゲームは基本的にバカラ、ルーレット、ブラックジャックなど勝率50%のギャンブルで使用できます。

 

イーストコーストプログレッション法の賭け方・基本ルール

 

先ほど説明した通り勝った時に仕掛けるタイプの攻略法です。まず大前提として2連勝しないと始まりません。そして負けた時点でシステム終了です。

 

これを覚えておいてください。

 

そして分かりやすくパーレー法と比較して言うと。。

 

パーレー法は勝った次ラウンドは今勝った利益分を丸々乗せてベット
※『4』賭けて勝ったら次は『8』ベット

 

イーストコーストプログレッション法は次ラウンドは今勝った利益分の半分を乗せてベット
※4賭けて勝ったら次は『6』ベット

 

ようは利益の半分は確保してもう半分を次ラウンドに乗せて利益を狙いに行く手法です。

 

イーストコーストプログレッション法とよく似ているグランパーレー法・パーレー法に関しては下の参考記事で詳しく解説しています。

 

更に詳しくイーストコーストプログレッション法を解説

 

まず基本ベットを『』としてまず2連勝したら、次は基本ベットの『1』に2連勝分の利益乗せて『』を賭けます。

 

 

勝って3連勝したら、次ラウンドは今賭けた金額『』に今得た利益の半分(3÷2=1.5)を乗せて『5』をベットします。

※1.5を四捨五入して(3+2=5)です。

 

 

勝って4連勝したら次ラウンドは今賭けた金額『』に今得た利益の半分(5÷2=2.5)を乗せて『8』をベットします。

※2.5を四捨五入して(5+3=8)です。

 

 

また勝って5連勝したら次ラウンドは今賭けた金額『』に今得た利益の半分(8÷2=4)を乗せて『12』をベットします。

 

あとはこれの繰り返しで負けたらその時点でシステム終了です。

 

イーストコーストプログレッション法をルーレットで実践!

 

では実際にイーストコーストプログレッション法をルーレットの赤黒で赤の片張り・基準ベットを1ドルで30ゲーム実践していきます。

 

実践1~10回目

 

1ゲーム目は赤に基準ベットとなる1ドルをベットします。結果は0でしたので配当はなしで1ドルの損失です。

 

 


 

2ゲーム目もまだ2連勝してませんのでベット金額は基準ベットとなる1ドルを赤にベットします。結果は6の黒でしたので配当はなしで1ドルの損失です。

 

 


 

3ゲーム目もまだ2連勝していませんのでベット金額は基準ベットとなる1ドルを赤にベットします。結果は34の赤でしたので2倍配当の2ドルの勝利です。(1ドルの利益です。)

 

 


 

4ゲーム目もまだ2連勝はしていませんのでベット金額は基準ベット額の1ドルを赤にベットします。結果は3の赤でしたので2倍配当で2ドルの勝利です。(1ドルの利益です。)

 


 

5ゲーム目は2連勝していますのでこの2戦の利益を上乗せした3ドルを赤にベットします。結果は26の黒でしたので配当はなしで3ドルの損失です。この要領でイーストコーストプログレッション法を進めていきます。

 

 


 

1ゲーム目から10ゲーム目までの成績をまとめたものが下の損益表です。10戦して6勝4敗でしたが損益は-2ドルの損失でした。

 

3連勝が1回だけでしたので勝ち越してはいますが損益で見るとマイナスでした。

 

実践11~20回目

 

11ゲーム目のベット金額は前回の10ゲーム目は勝っていますがまだ2連勝はしていませんのでベット金額は基準ベットの1ドルを赤にベットです。結果は2の黒でしたので配当はなしで1ドルの損失です

 

 


 

12ゲーム目のベット金額は基準ベットの1ドルを赤にベットします。結果21の赤でしたので2倍配当の2ドルの利益でした。(1ドルの利益です。)

 

 


 

13ゲーム目もまだ2連勝していませんので基準ベット金額の1ドルを赤にベットします。結果は7の赤でしたので2倍配当の2ドルの勝利でした。(1ドルの利益)

 

 


 

11ゲーム目から20ゲーム目までの成績をまとめたのが下の損益表です。

 

12ゲーム目から5連勝してその5連勝で利益が出ました。この10戦で8勝2敗と大きく勝ち越しました。損益はこの10戦では+10ドルの利益でした。

 

実践21~30回目

 

21ゲーム目は18ゲーム目から3連勝中ですのでベット金額は5ドルを赤にベットします。結果は14の赤でしたので2倍配当の10ドルの勝利(5ドルの利益でした。)

 


 

22ゲーム目は5連勝をかけて8ドルを赤にベットですが、結果は11の黒でしたので配当はなしで8ドルの損失でした。

 

 


 

23ゲーム目はもう一度一からのスタートになりますので基準ベットの1ドルを赤にベットします。結果は15の黒でしたので配当はなしで1ドルの損失でした。

 

 


 

21ゲーム目から30ゲーム目までの成績をまとめたのが下の損益表です。

 

この10戦では5勝5敗でしたが損益は-4ドルでした。大きなベット金額の時に負けているので五分五分の成績でも損益はマイナスとなってしまいました。

 

実践結果まとめ

 

30戦して19勝11敗と大きく勝ち越しましたが損益では+4ドルだけの利益でした。

 

というのもこのイーストコーストプログレッション法を一度もリセットすることなく負けるまでそのまま継続させていました。

 

パーレー法でも同じですがせっかく積み上げてきた利益が一度の負けで一気に少なくなってしまうので、ある程度のラインでリセットする方がいいかと感じました。

 

kome
ここが一番難しいところですね。正解はないですから

 

 

 

パーレー法とイーストコーストプログレッション法の比較

 

100ドルからパーレー法を使った場合

資金 賭け金 勝った時の累計損益 負けた時の

累計損益

100 +1 -1
101 +3 -1
103 +7 -1
107 +15 -1
115 16 +31 -1
131 32 +63 -1
163 64 +127 -1
227 128 +255 -1
355 256 +511 -1
611 512 +1023 -1

 

勝った場合の累計損益はかなり大きくなっていますが、どのタイミングでも負けてしまえばそれまでの利益は全て吹き飛び1ドルマイナスになってしまいます。

 

 

 

100ドルからイーストコーストプログレッション法を使った場合

資金 賭け金 勝った時の累計損益 負けた時の

累計損益

100 +1 -1
101 +2 ±0
102 +5 -1
105 +10 ±0
110 +18 +2
118 12 +30 +6
130 18 +48 +12
148 27 +75 +21
175 41 +116 +34
216 62 +178 +54

 

3連勝さえしてしまえば負けても1ドルも損失が出ません。4連勝後からは勝っても負けても利益が出るという特徴があります。

 

イーストコーストプログレッション法のメリット・デメリット

 

イーストコーストプログレッション法を使える攻略法にするために、メリットとデメリットをしっかりと理解しておきましょう。

 

イーストコーストプログレッション法のメリット

 

  • 連敗を最小損失に抑えられる。
  • 利益を確保しながら更に利益を伸ばせる。
  • メンタル的に負担が小さい。

 

隠れたメリットとして一番大きいのは連敗を最小損失に抑えられることだと思います。

 

5連敗したところで基本サイズ×5の最小損失の『5単位』しか負けないので連敗が気になりません。それによってメンタルの負担が小さいのでルールを守りやすい。熱くなりにくい。

 

そしてパーレー法は負けたらそれまで積み上げてきた利益が一瞬で消えて更に1単位損失ですが、利益を確保しながら更に伸ばすタイプなのでお給料の半分は貯金に残してもう半分を投資に回す。

 

こんな感じでかなりコツコツとしたギャンブル性の低い攻略法です。

 

ギャンブル性が低いということは資金が一気に無くなることが絶対にありません。長期的な利益を取っていきたい方にオススメです。

 

イーストコーストプログレッション法のデメリット

 

  • 3連勝が必須になる。
  • 2連勝止まりだと勝ちが多くても損失が出る。

このシステムベットの最大のデメリットは3連勝が必須になると言うことです。

 

単純計算で3連勝する確率は12.5%です。この12.5%をひかないとこのシステムベットは機能しません。

 

3連勝出来ずに6勝3敗の場合

資金 賭け金 勝敗 累計損益
100 勝ち +1
101 勝ち +2
102 負け -1
99 勝ち ±0
100 勝ち +1
101 負け -2
98 勝ち -1
99 勝ち ±0
100 負け -3

 

6勝3敗と大きく勝ち越しているにも関わらず累計損益は-3です。そのためこの3連勝出来るかどうかで収支は大きく変わってきます。

 

まとめ

 

イーストコーストプログレッション法は連勝に強く連敗にも強いという優れた攻略法です。

 

しかし連勝に関しては3連勝という制約があります。なので3連勝出来ないとトータルで勝ち越していても負けてしまいます。

 

でも連敗を最小損失で乗り切れるという大きなメリットもあります。

 

使い方としては大きな波がある展開が好ましいです。

 

連勝もして連敗もする。

 

こんな展開が一番好ましいので使い方としては大きな波が来る時のバカラかルーレットの完全片バリです。

 

その1セット終わるまで赤か黒、プレイヤーかバンカーどちらか決めて永遠に同じ方にベットです。

 

大きな連勝や連敗が続く展開にハマれば大きな利益を残すことが出来ます。

 

お礼メールの嵐!過去に『380万円稼がせた』伝説的ルーレット攻略法

私はオンラインカジノのルーレットにおいて過去3年間で一度もマイナス収益となったことがありません。それは長年の経験による資金管理・メンタルコントールもさることながら、真剣にルーレットに取り組み様々な手法・ライブゲーム80万投分のデータ分析を行った成果だと思っています。今もなお私が軸として使用しているルーレット攻略法『極ルーレット十連法』は、配布させていただいた皆さんから約80%の確率でお礼のメールを頂けるほど効果の高いルーレット攻略法です。

kome
このお礼メールはごくごく一部です。ちなみに電子書籍のオファーも頂けました(笑)
おすすめの記事