どうも!

chomeです!!

 

※この記事は『chome(ちょめ)』が書いています
chomeとは?・・komeのルーレット1番弟子、仕事仲間

chome
私のプロフィールをkomeさんが書いてくれてます。絶対見てね♡

 

最近新しく仕事を始めまして、その準備でびっくりするくらい時間がありませんでした。。

 

オンラインサロンの方も1カ月経ちますが、当初予定していた上限40人に初月で届きそうです!!

 

リアルにあと2人くらいですw

 

初月からプラス収支を達成しているメンバーさんもいますし、いつもだったら暴走してしまう場面でもサロンがあるから踏みとどまれたという方も沢山いらっしゃいます。

 

これからもっと良いサロンにしていきたいと思います!!

 

 

今回はサロンをはじめて色んな人と意見交換をしていく中で感じたこと、そして思考や考え方を変える解決策をまとめていこうと思います!!

 

オンカジで勝つ人と負ける人の違いは考え方のみ

 

オンカジで勝てる人と負ける人の違いは、この1点のみだと思います。

 

体力の差は全く関係ありませんし、手先が器用か不器用化も関係ありません。

 

勝つ人と負ける人は何が違うのか?

 

今まで死ぬほど考えてきました。(笑)

 

 

その結果『考え方の違い』だと確信しました。

 

 

じゃあ勝てるようになるには、『考え方を変える』これしかありません。

 

でも、この考え方や思考の癖を変えるのは結構難しいです。

 

でも意識することで変えられますし、簡単な事なので絶対実践してください!

 

 

考え方を変えるには言葉を変える

 

考え方や自分の感情をコントロール出来るようになるにはこれしかないと思ってます。

 

何故なら人間の感情は絶対に言葉によって引き出されるからです。

 

 

僕には今1歳9カ月の長男と3カ月の次男がいます。

 

長男はボチボチ言葉も分かってきてるので『めっ!!』って言ったら泣きます。(笑)

そして『偉いなー!!』と言ったら絶対嬉しそうにします。

 

それは長男の中で『めっ!!』=怒られてる『偉いなー!!』=褒められてると認識してるからです。

 

でも3カ月の次男には何を言ったところで、反応に規則性はありません。

 

『めっ!』と言ったところで泣きもしないし『偉いなー!!』と言ったところで喜びもしません。

 

 

それはまだ言葉を理解していないからだと思います。

 

この赤ちゃんの反応の違いは言葉を理解しているかしていないかの違いと、言葉によって感情が生まれているという証拠だと思います。

 

いつも使っている言葉から変える

 

いつもの感情や思考を変えるにはその手前のいつもの言葉から変える必要があります。

 

 

『今日も損切り食らいましたー。。』

 

『今日は損切りでした!損切りでもルール守れてます!!』

 

 

起こっている現象は同じ『損切り』です。

 

 

なのにわざわざ自分の感情を揺らしたいのかと思う言葉とそうでない言葉ですよね。

 

例え感情がマイナスな方向だったとしても、わざわざそれを助長させるような言葉を使う必要はないですよね。

 

 

今日の結果を振り返るときに『今日も』って使うのは、過去の結果を考えている証拠です。

 

『今日も』って言葉を使ったところで昨日の結果が変わる可能性は0%です。

 

感情がマイナス方向に働く可能性は100%です。

 

 

使う必要のない言葉ですよね。

 

 

まとめ

 

『疲れたー』って口癖の人は大体疲れてます。

 

でも、バリバリ働く人はそんな口癖はありません。

 

自分は言霊ってあると思いますし、使う言葉によって行動は決まってくると思います。

 

なので自分の使っている言葉を一度気にしてみてください。

 

無意識のうちに自分の首を絞めるような言葉を自分で使っていないですか?

 

頭で考えて口に出して、その言葉を耳で聞いて頭で考えるので自分の言葉ほど自分に影響を与えるものは無いと思います!!

 

 

 

お礼メールの嵐!過去に『380万円稼がせた』伝説的ルーレット攻略法

私はオンラインカジノのルーレットにおいて過去3年間で一度もマイナス収益となったことがありません。それは長年の経験による資金管理・メンタルコントールもさることながら、真剣にルーレットに取り組み様々な手法・ライブゲーム80万投分のデータ分析を行った成果だと思っています。今もなお私が軸として使用しているルーレット攻略法『極ルーレット十連法』は、配布させていただいた皆さんから約80%の確率でお礼のメールを頂けるほど効果の高いルーレット攻略法です。

kome
このお礼メールはごくごく一部です。ちなみに電子書籍のオファーも頂けました(笑)
おすすめの記事