ビチ子
最近ヴィーナスポイント口座を開設したんだけど、ヴィーナスポイントを利用して逮捕される可能性って0%で大丈夫??

 

kome
大丈夫だよビッチちゃん。しかし使い方を間違えると逮捕の可能性があるにはある。

ヴィーナスポイントをはじめ、電子決済サービスとは

 

オンラインカジノをプレーするうえで必須のアイテムとなる“電子決済サービス”。

 

最近ではクレジットカードを利用して入金⇒国内銀行送金ができるオンラインカジノも増えてきておりますが(電子決済サービスいらずのオンラインカジノ)、まだまだ対応しているオンラインカジノは少ない状況です。

 

オンラインカジノ⇔プレイヤーのお金の流れは下図を参照ください。(海外オンライン講座=電子決済サービス)

 

オンラインカジノへ入金できる電子決済サービスは様々。代表的なものを下に挙げると、、

 

  • エコペイズ(ecopayz)
  • ヴィーナスポイント(VenusPoint)
  • アイウォレット(iWallet)

 

このあたりがメジャーですね。オンラインカジノで遊ぶ上で持っていて困ることはないでしょう。

 

各電子決済サービスの口座開設方法は以下をご覧くださいね。

ヴィーナスポイントなど電子決済サービス利用で逮捕される危険性は?

 

結論から言うとヴィーナスポイントなどの電子決済サービスを利用しても逮捕されることはありません。

 

オンラインカジノで使い勝手の良いヴィーナスポイントに関しては下の記事で詳しく記載しています。

 

kome
普通に考えてなんで逮捕されないといけないのか意味が分かんないよね。

 

オンラインカジノ自体が違法ではありませんからね。仮にオンラインカジノが違法であったとしても、電子決済サービスを利用したからといって『ル、ルパーン!逮捕だぁ!!』とはならないわけです。

 

 

 

『オンラインカジノの違法性がまだよくわからない』って人は以下の記事がおすすめです。

 

ではどんな場面で電子決済サービスを利用して逮捕される可能性が出てくるのでしょうか?以下で詳しく見ていきましょう。

 

ヴィーナスポイントをマネーロンダリング目的で利用した

 

ヴィーナスポイントはオンラインカジノの引き出し専用電子決済サービス(口座)にあたります。オンラインカジノで得た利益をヴィーナスポイントへ送金し、国内銀行(プレイヤーの)へと送金する手段として活用するのが一般的な流れです。

 

しかしマネーロンダリングを目的とした資金の流れを察知されてしまいますと、当然ながらヴィーナスポイント側・オンラインカジノ側からお伺いがや口座凍結等されることも考えられます。

 

マネーロンダリング
資金洗浄。悪いお金⇒良いお金に変える行為。犯罪です。

 

kome
まだ口座凍結くらいで済めばいいけど、本当にやばいことしてたら通報される可能性もあるって話。わっぱっすわ。(手錠)

 

 

最近ではオンラインカジノ側がマネーロンダリングを阻止するために、入金時に使用した同一手段でしか出金できないのが当たり前になっています。また、初回の出金時に身分証明書の提示を当たり前のように要求してきます。(特に大きな資金を出金するとき)

 

マネーロンダリングを行おうとしても簡単にできる状況ではないという事ですね。

 

 

kome
当然っちゃ当然ですね。

 

 

考えられるオンラインカジノを使ったマネーロンダリングの方法ですが、

 

  • オンラインカジノ側決済の不具合を見つけ出し、不正にお金を獲得する⇒ヴィーナスポイントに送金し、国内銀行へ送金する。
  • ハッカー集団を利用(もしくは自分がハッカーになる)して、決済システムを不正操作。⇒ヴィーナスポイントに送金し、国内銀行へ送金する。

 

kome
おれの頭じゃこの辺が限界かな。よし!ハッカーになれるように今日から徹夜で勉強しよ!

ガチムチ
はい。オマエアウトーー

ヴィーナスポイントの規約に反する行為で処罰される

 

以下の引用文は、ヴィーナスポイント公式サイトにある“利用規約”になります。

 

貴方の情報と、(貴方が行った決済を含む)貴方の行為において、以下の条項を禁止します。

詐称、不正確、語弊がある。

貴方と銀行口座名義が一致しない。

あらゆる法律、制定、法令、契約あるいは公的な金融サービス、消費者保護、不公正競争または差別禁止条項のみに限定されない規則に対する違反。

中傷的、名誉毀損的、不法に威嚇的、擾乱的であること。

猥褻であったりあらゆる種類の児童ポルノを含んでいる。

ウイルス、トロイの木馬、ワーム、タイムボム、キャンセルボッツ、イースターエッグ及びシステムや個人情報などにダメージを加えたり、悪影響を与えたり、内密に妨害したり、奪ったりするコンピュータプログラムルーチンを含んでいる。

当社に不利益を生んだり、当社のISPやその他のサプライヤーのサービスを失わせる原因になる。サービスのセキュリティや機能 性を改竄、ハッキング、書き換えまたは不正を働くことに限らず貴方が振り込みをしたり振込みを受けたり、口座を管理する目的以外でサービスを受けようとした場合は、貴方の口座は解約され貴方は損失及び適用される場合刑罰を含むその他の罰則の対象となります。

※ヴィーナスポイント利用規約引用

 

kome
じゃっかん日本語におかしい部分があるが、許してやってくれ。。
上の規約にもあるように、少しでも取引に違和感が見つかればヴィーナスポイント側から事実確認を迫られる可能性はあるということ。
本当にやばいことしてれば逮捕の危険性は十分にありますから、絶対に電子決済サービスを利用して悪いことしよう!なんてのは考えないように。
このような電子決済サービスでは、オンライン上に取引の履歴が必ず残る仕組みが導入されていますので、逃げ道はほぼ皆無と考えましょう。

最後に

 

安心してください。ヴィーナスポイントをはじめ電子決済サービスをオンラインカジノで普通に使う分には何も問題ありません。

 

しかし、法律に違反するような行為で電子決済サービスを利用してしまうと逮捕の危険性がでてきます。

 

『少しあやしいことしてるかな~?』と思う人は今すぐにやめてくださいネ。後悔しないように~

おすすめの記事