運営メンバー紹介

 

クー
どうも、クーです!

今回は自身が考えるスロットの攻略理論を解説したいと思います!
直感に頼るところも大きいですが、考えうる「なぜ」に対する回答を深掘りして攻略の組立に活かして頂けると幸いです。

1、スロットを打つ上での心構え

まず最初に、皆さんもう耳にタコができる位言われているかもしれませんが…
【心構え(マインドセット)】について解説したいと思います!

ビチ子
そんなムズカシイ事よりも、爆益の刺激が欲しいなぁ♪

クー
気持ちは分かりますが、スロットでは"理性”がめちゃくちゃ重要なんです!
ちょっと我慢してついてきて下さい!

ここでの要点は次の3つです。

心構え(マインドセット)
  1. 負けて当たり前、勝ったらラッキーの精神
  2. 基本はボーナス消化で勝負するもの
  3. 勝負は余剰資金で!

1つずつ解説していきますが、その前に…

なぜ、心構え(マインドセット)が必要なのか?

理由は単純明快で、他のカジノゲームに比べて圧倒的に【アツくなりやすい】からです!

下半身鬼尾
燃え上がるぜぇ~!〇部にも負けん!!

では、なぜアツくなりやすいのか?
これもプレイした方なら分かると思いますが、圧倒的に【1ゲームの消化スピードが速い】からですね。
その為、資金の増減がとても激しくなり、感情にもの凄く左右されがちになります。

クー
かく言う、自分もまだまだコントロールしきれません…。

その対策として、打つ前にある程度感情をコントロールしやすい状況を作っておく事が大事だと思います。

※参考 よくあるスロット失敗談

  • 序盤に大きく稼いだものの、Bet額を上げたら負けこんでそのまま全損
  • メインゲーム(ルーレットやバカラ)で負けて、スロットで取り返そうとして高額Bet乱発して傷を広げる
  • 負けたら【追加入金】が癖になっていて、ウォレット内残高を0にするまで打ち込んでしまう
  • ルールや操作方法が分からず、誤って高額Bet(MAX Bet)で回してしまう

ガチムチ
全部やった事あるわ…

すけつ
あるあるですね!!

kuma凸
あの~、呼ばれました?(笑)

シミソン
今でこそやらなくなりましたが、昔は…

とまぁ、皆さんやってらっしゃるのはこの辺りではないでしょうか。
こうならない為に、事前にやれる事はやっておきましょう!

①負けて当たり前、勝ったらラッキーの精神

前回までの記事でも少し触れてきましたが、そもそもスロットというのは勝ちにくいです!
正確に言うと、単発単発で勝つことはあっても勝ち続けるのが難しいです。
それは、カジノ側の設定としてRTP(還元率)が低い部類のゲームですし、テーブルゲームに比べてボラティリティが高く、安定した結果が出にくいからです。

クー
なので、思い切って視点を変えましょうww

負けて当たり前、勝ったらラッキー

この位割り切って考えると、多少の負けは仕方ないと思えるようになるかと。
事実、勝つ時は大きく勝つ可能性が高いので、勝率は低くても利益が残るように立ち回れば戦えると思います!
極論、1勝9敗でもトータルでプラスになればそれでOKです。
が、現実的には3勝7敗くらいで損益分岐点になる戦い方がベターだと思いますね。

②基本はボーナス消化で勝負するもの

上記①でお伝えした通り、スロットだけで勝ち続けるのはぶっちゃけ相当難しいです。
資金的にも大変ですが、何より…

クー
メンタルへの負担が半端ないっす!!

その時々で波がコロコロ変わってしまうので、シミュレーションがしずらく結果にも大きなブレが出てしまいます。
その結果、暗くて出口の見えないトンネルを手探りで進んでいくような心境になります…。
特に負けが込んだ時には、いつ回収の大勝ちが出来るのか分からないので相当追い込まれますね。

その為、個人的には【ボーナス消化での勝負】をオススメします。
この勝負の仕方には大きく分けて2つあります。

  1. 大勝ちを狙って玉砕覚悟の高額Bet勝負
  2. ボーナス出金条件消化の為の低額Bet勝負

前者はどちらかと言うと、資金の少ない序盤に一気に稼ぐのに向いている方法です。月末にその月の勝ち分から一部勝負するのも良いと思います。

後者は前者に比べると消極的な勝負になりますが、どのカジノでも基本的にはスロットのボーナス消化条件の寄与率は100%なので、最も効率の良い消化方法となります。
もちろん、その中で大勝ち出来ればそれに越したことはありません。

  • 関連記事はこちら

いずれにせよ、常人ではスロットメインでの実践は避けるのが無難です。

クー
そう、一部の超人を除いては…(笑)

シミソン
コロコロはカジノじゃありません!


※シミソンさんは特別な訓練に耐え抜いた方です、常人は決してマネしないように!

③勝負は余剰資金で!

言い換えると、【無くなっても良いお金で勝負する】という事です。
そうする事で最悪全損したとしても、資金的にもメンタル的にも致命傷は避ける事が出来ます。

もしこれが全財産を賭けての勝負だったとすると…

クー
とてもじゃないですが、まともな精神状態で実践出来ませんよね?

ガチムチ
想像しただけで吐きそうや…

ですので、無謀な賭け方をせず冷静に勝負する為にも、必ず余剰資金で実践するようにして下さい!
具体的にどうすれば良いのか?については、後述します。(4、攻略法の運用 をご覧下さい。)

2、スロット攻略のカギ

クー
突然ですが…
スロット攻略のカギとなるのは一体何だと思いますか?

ガチムチ
なんや、急に!?
そりゃ【資金力】やろ!!

ビチ子
ん~~~、【●ックスセンス】?♡

下半身鬼尾
【ヤル気】があれば、何でもデキる!!

確かに、どれも大事な要素だと思います!(ビチ子さんのは【第六感】と捉えましたw)
全部あればあるに越したことはないですよね…。

ただ、自分はスロット攻略に繋がるカギとなる部分はたった3つだと考えています。
まずは、根幹となるこの3つの理論を解説していきます。

スロット攻略のカギ
  1. Bet額の上げ下げ
  2. 経験値(知)に基づく波読み
  3. 感情に左右されない立ち回り

シミソン
このワタクシも同意見なので、間違いない!

クー
さすが師匠!心強い!!

①Bet額の上げ下げ

これはかの有名なギャンブラー・森巣博氏の格言ー
【勝負の機微は駒(=賭金)の上げ下げ。否定不可能な賭場箴言なり。】
に基づく考え方です。

スロットはRTP(還元率)が100%を下回っているので、残念ながら理論上は打てば打つほど負ける仕様になっています。

その為、一時的にはフラットベット(Bet額を一定に賭け続ける方法)でプラスにする事が出来ても、長期的にはマイナスに収束していくものです。
それを打開するために…

クー
勝負処ではBet額を上げる!
負けが続く時は大人しく引く、もしくはBet額を下げる!!

この【Bet額の調整】というところで資金管理をする必要があるという事です。

ガチムチ
でもよ、その判断はどうやってするんだ?!

そこで次の理論が必要になります。

②経験値(知)に基づく波読み

ルーレット、バカラ、ブラックジャックなど…他のカジノゲームにも通じる話ですが、その時々によって好調不調の【波】というものが必ず存在します。
このブログでは「逆張り」ではなく「順張り」を以前から推奨していますが、今までの経験上スロットに於いても「順張り」を強くオススメします

スロットではより顕著にその波が現れるように感じますので、波を読むという事は攻略から切っても切り離せない問題です。

ただし、

クー
これって、めちゃくちゃ難しいです…。

というか、完全に波を読み切ることは残念ながら不可能だと思います。

とは言え、何百何千回と同じ機種を回していると似たような波(パターン)に遭遇する事はあります!
そこで、好調の波の時にはBet額を上げて勝負に出る、不調の波の時にはBet額を下げて耐え忍ぶ…というコントロールをしていきます。

この波を読む練習として、【デモプレイ】を駆使して感覚を掴むところから始めると良いと思います!

※参考 デモプレイとは?

リアルマネーを賭ける事なく、スロット機種を回せる機能です。
リアルマネー時よりも甘めな設定にされていると体感しているので、100%真に受けるのは危険ですが、データ収集や検証にはもってこいの機能です!

オンラインカジノによって、デモプレイが出来るカジノとそうでないカジノがあります。
よって、出来る限りスロット実践はデモプレイが出来るカジノで行う事をオススメします!
また、デモプレイからリアルマネーに移行する時も同一のカジノで実践する事をオススメします。

③感情に左右されない立ち回り

毎回正しい行動を取り淡々とプレイする事が出来れば、結果に一喜一憂しないようになり暴走して無謀なBetをしてしまうような事はなくなるでしょう。

クー
理想はロボットになりきる事です!

ガチムチ
そうなる為には何したらええんや?

それは、やる事(行動)を打つ前に決めてしまえば良いのです!
具体的には、勝ち逃げ条件損切り条件を設定し徹底する事です。要するに、ルールを厳守するという事ですね。

やる事が明確になっていれば、後はそれを忠実に実行するだけになります。
その為、条件は出来る限り細かく決めておく事をオススメします!

また、プライベートがうまくいっていない時や気分が乗らない時、イライラしている時は実践を避けましょう。
精神状態がフラットの時だけ実践する、これを意識するだけでも(実体験として)結果は変わってきます。

ビチ子
ムラムラしてるとつい焦っちゃうのよね♡

クー
時間が限られている時も避けましょう!

3、攻略法の組立

それでは、具体的にどのような手順で攻略法を組み立てていくのかを考えてみましょう。
今回は、主に【ボーナス出金条件消化の為の低額Bet勝負】目線で解説していきます。
どちらかというと、『負けにくい』スタイルですが、大勝ち狙いのスタイルにも応用できると思います!

ガチムチ
それを待ってたんや!!

クー
あくまで個人的なオススメ方法ですが…

手順としては、以下3点の流れに従って行います。

攻略手順
  1. デモプレイでおおまかなデータ収集をする
  2. 良い波・悪い波の出方を体感する
  3. 勝ち逃げ条件・損切り条件を設定する
  4. Bet額の基本単位を設定する

それぞれ詳細を解説していきますね!

①デモプレイでおおまかなデータ収集をする

上述(2、スロット攻略のカギ の項目を参照)した通り、経験値(知)があるのとないのとでは雲泥の差が出ます。
かと言って、いきなりリアルマネーで実践するのは資金的にもメンタル的にもリスクが大きいですよね…。

クー
なので、無料で出来るデモプレイを活用しましょう!

下半身鬼尾
準備が大事ってことか!!

ガチムチ
そしたら、どの位デモで回せばええんや?

たくさん回せれば回せるほど良いに越したことはありません!
ただ、毎回毎回データ通りに出てくれるほど甘いものではないのが現実です…。(データの過信には要注意!)

そこで、目安として

クー
フリースピン(ボーナス)に10回突入させてみましょう!

機種によって、かなりバラツキは出ますがおおよそ1,500~8,000回転で収集は終わると思います。
もちろん、スロット慣れしていない方はそれよりも多く回した方が良いですし、逆にスロット慣れしている方はもっと少なくても良いです。
そこはご自身のスロット歴とご相談でお願いします。

ビチ子
回すのは分かったけど、ナニをどうヤれば良いの?♡

どのデータをカウントするのか?

カウントする項目も多ければ多いほど、次の分析がしやすくなるのは事実です。
とは言え、残念ながら1,500~8,000回転ほどで全部を解析するのは不可能です…。
その為、ある程度項目を絞ってカウントするのが良いと思います!

クー
具体的には、以下の4つをカウントしてみましょう!
  • フリースピン確率
  • フリースピン配当倍率
  • 特定出目の出現率
  • コイン持ち

上図のような表をExcelで作成する事をオススメします!
それぞれ、カウント時の注意点も含めて解説していきます。

フリースピン確率・フリースピン配当倍率

イメージとしては、下図のような感じです。

Hawaiian Dream 公表スペック

クー
全機種このくらい詳細を公表してくれたら楽なんですが…w

上図スペック表でいうところの【フリースピン初当たり確率】と【出玉期待値】をカウントしましょう。
具体的には、下図赤枠で囲ったところを埋めていきます。

回転数の欄には、フリースピン突入までに必要とした回転数を入れます。
(例:1回目125回転目、2回目350回転目の場合、入力はそれぞれ125と225となります。)

倍率の欄には、獲得配当をBet額で割った数字を入れます。
(例:$2Betで$500の配当を獲得した場合、500÷2で250となります。)

各出方も大事ですが、10回の平均値が最重要項目となります。

特定出目の出現率

こちらはどちらかというと、上級者向けのカウント項目になります。
自分なりの波読みに合わせて、特定出目をカウントしてみて下さい!
入力は下図赤枠内の「カウント数」の欄です。

クー
自分はフリースピン突入の【リーチ出目】を使う事が多いです!

ガチムチ
なんでこれをカウントするんや?

これはオカルトというか、完全に自論なんですが…

クー
回転数のカウントよりもカウント数が少なくなる(分母が小さくなる)ので、Bet額の調整タイミングを計りやすいと感じるからです!

例えば、フリースピン確率が1/200の機種の場合、回転数では100~600回転くらいの幅で出てきます。
これを特定出目(出現率1/20とする)の場合、カウント数は10~60回くらいの幅で収まります。
この差が狭い方がピンポイントで攻め時が分かると感じています。

ガチムチ
リーチ出目を採用した理由は?

クー
一言で説明するなら…分かりやすいからですww

もう少し追加で説明すると…

  • 見逃しが少ない
    (フリースピン突入の可能性がある出目出現時はリーチ音が発生する機種が多い)
  • 視覚的に分かりやすい出目である
  • ちょうど良い出現率である(多すぎず少なすぎず)

特に、ちょうど良い出現率であるというのは重要です。
これが多すぎるとカウント幅が大きくなり精度を欠くことになり、少なすぎるとカウント前にフリースピンに入ってしまいBet上げのタイミングを見逃すからです。

ビチ子
多すぎても少なすぎてもダメ、っと♪

コイン持ち

コイン持ちとは、通常時のRTP(還元率)と考えてもらえればOKです。
公表のRTPでは、爆発したフリースピン配当や通常時の高額配当、ランダム要素の高額配当もコミコミの還元率ですが…

クー
これが実際に打つと上振れも下振れも激しすぎます…
特に、フリースピン配当に特化していて、かつフリースピン確率が重い機種(ハイボラティリティ機種)だとかなりの幅が出てしまいます。
正に、【Dead or Alive】です!

下半身鬼尾
この姉ちゃん、イカスなぁ!

シミソン
このネタが分かった方は相当玄人ですねw
立派なスロット中毒者に認定します!

っと、話が脱線してしまいました(笑)

ビチ子
どうしてコイン持ちをカウントするの~?

クー
それは、適正なBet額を決める為です!!

例えば、資金が$1,000でコイン持ち50%の機種を打つ場合、$1で100回転ノーボーナスだとすると、理論上は$950の資金が残ります。

ガチムチ
$100打ったら$50戻ってくるって事やな!?

このまま打ち続けてずっとノーボーナスだったとすると、理論上2,000回転はBet出来る事になりますね。

クー
では、同じ$1,000でコイン持ち20%の機種ではどうでしょう?

同じく$1で100回転ノーボーナスだとすると…

ガチムチ
$20戻しで、$920の残りやな!

このまま打ち続けてずっとノーボーナスだったとすると…

下半身鬼尾
1,250回転までイケるって事でいいか!?

クー
正解です!!

同じBet額でも打てる回転数はこれほど差が出ます。
その為、資金が尽きないように計算をしておく必要があるという事です。

ビチ子
じゃあ、どうやってカウントするの~?

使った金額に対して、いくら払い戻しがあったかの割合(%)を下図赤枠内に入力します。
例えば、上述の例①だと$100使って残高$950なので、950-(1000-100)=50
例②だと$100使って残高$920なので、920-(1000-100)=20

100回転、もしくは50回転刻みでカウントし、最後に平均値を出すと良いと思います。
ハイボラティリティの機種では、列を追加して回転数の枠を増やして対応して下さいね!

②良い波・悪い波の出方を体感する

ここは一番説明しづらいところなんですが、何となくのイメージでも良いので視覚的にコツを掴んでもらえたらと思います。
デモプレイでどんな機種か体感しつつ、まずは今の状況が【良い波】か【悪い波】かを掴みましょう!

下図はFXチャートですが、スロットの資金増減の波はこんなイメージです。

左から右の横軸が時間で下から上の縦軸が資金の増減のイメージです。

下半身鬼尾
増減が激しいところと緩やかなところがあるな!

良い波とは?

あくまでイメージでのお伝えですが…

クー
資金が増えていく、もしくは減り方が緩やかな状況の事です!

具体的には、下図赤枠内のところです。
(実際には、一方的に右肩上がりになる事はほとんどありません。)

戦略としては、この良い波の時に【Bet額を上げる】事が理想となります。

悪い波とは?

クー
資金の減り方が急激になる(戻しが悪くなる)状況の事です!

具体的には、下図赤枠内のところです。
(実際には、スロットを打っている時間のほとんどが右肩下がりになります。)

戦略としては、この悪い波の時に【Bet額を下げる】事が理想となります。

どうやって波を判断するのか?

これに関しては永遠の課題になります…。
正直なところ、やはり完全に波を把握する事は出来ないと思います。
唯一、対抗する策としては…

クー
ぶっちゃけ、経験と直感になります!!

ガチムチ
お前、それ答えになってないやんけ!?

とツッコまれそうなんですが、本当にそれしかないというか…(汗)

少し補足するのであれば、個人的に良い波になりやすいと感じるところと悪い波で避けるべきだと感じるところを解説していきます。

良い波になりやすいポイント
  • コイン持ちが平均より10以上高い時
  • コイン持ちが良いまま、フリースピンに入った時
悪い波で避けるべきポイント
  • コイン持ちが平均より10以上低い時
  • ダラダラ資金が減り、ある程度一気に戻した時
  • 急にコイン持ちが悪くなった時

クー
コイン持ち(資金の増減)に注目してみましょう!

※コイン持ちの10以上というのはあくまで目安で、機種によって前後します。
ボラティリティが高くなるほど、この基準は上げていく(厳しくしていく)のがベターです。

この波を読む判断については、一朝一夕ではどうにもならないものがあるので、よくデモプレイで練習して頂く事を強くオススメします!

③勝ち逃げ条件・損切り条件を設定する

このブログの読者の皆さんはもう耳にタコ状態だと思いますが、スロットに於いても重要な設定になります。

ガチムチ
ホンマ耳タコやで!!

クー
そう分かってても、実践になったら破ってしまうんですよね…

kuma凸
なんだか呼ばれたような気がしたな…

心構え(マインドセット)のところで解説しましたが、頭で分かっていてもついついやってしまうものです。
しかし、この条件を守れないと本当に簡単にポピンします!そして、追い金ラッシュ…
気付けばウォレット内残高0、挙句の果てにはクレジットカード残枠0なんて事も!

クー
鉄、いや鋼の意思で臨んで下さい!!

最良と最悪を想定する

勝ち逃げ・損切り条件を設定する上で、まずは【最良な結果】と【最悪な結果】を想定しましょう。

  • 最良な結果

開始直後にフリースピン突入し、高額配当を獲得する
開始直後に通常爆撃で高額配当を獲得する
良い波が長く継続し、右肩上がりに資金が増え続ける

  • 最悪な結果

一度もフリースピンに入らず、資金が0になる
追い金を続け、生活費すら使い尽くす
借金にまで手を出してしまい、生活が出来なくなる

クー
自分の場合はこんなところでしょうか?

皆さんはどんな想定になりましたでしょうか?

損切り条件を設定する

では、具体的に損切り条件を設定していきましょう。
ポイントは、最悪な結果から2歩手前で設定する事です!

ガチムチ
なんで2歩手前で設定するんや?

クー
二重にブレーキをかけ、万が一条件を破っても最悪な結果の浅いところで止められるようになるからです。

※もちろん条件を徹底死守するのが一番ですが、特に初めのうちは念には念を入れておく事をオススメします!
最悪な結果の中でも、どん底に行くことだけは死んでも食い止めて下さいね。

クー
その為、自分の場合は以下のように設定しています。
損切り条件
  • 一定資金(○○$)凹んだ時
  • 一度もフリースピンに突入せず、規定回数の出目カウントをした時
  • フリースピン消化後、トータルでマイナスだった時
  • ダラダラ資金が減った後、通常配当で8割くらい回復した時

ゆくゆくはスロットの熟練度に応じて、その時々で条件を見直ししてみても良いかと思います。
が、最低でも1カ月は同じ条件で実践する事をオススメします。

勝ち逃げ条件を設定する

損切り条件は割とすんなり決まっていたり、また既に設定していたりする方が多いのですが、【勝ち逃げ条件】は意外と設定するのが難しかったりします。
ですが、設定していないと必ずと言っていいほどダラダラと打ち続けて気づけば利益が消し飛んでいたという事になります!

シミソン
恥ずかしながら、ワタクシがそうでした!

自分も試行錯誤しながら実践してきましたが、最良な結果の想定をヒントに結果落ち着いたのはこれです。

クー
負けない事が正義!!

結局、長く打つほど不利になっていくので、短時間である程度のプラスが取れたら早めに逃げる!これに限ります。
また収益がプラスになるのは基本的にフリースピンでの配当になるので、出来る限り数多くのフリースピンを回す事がカギとなります。
つまり、残高が生き残ってさえいればチャンスはある、という事です!

具体的には以下のように設定しています。

勝ち逃げ条件
  • フリースピン当選時(フリースピン消化後に即ヤメ)
  • 通常時に高額配当を当てて、トータルがプラ転した時
  • 勝ち越してからトータルでプラマイ0になった時
    (※上級者向け、攻撃的Betで一気に利益を伸ばしたい時に使用)

損切りも勝ち逃げもコレといった正解に縛る事は難しいので、ご自身にしっくり来る設定を探してみて下さい!
初めのうちは、とにかくプラスになったら逃げる!くらいの慎重な立ち回りで良いかと思います。

④Bet額の基本単位を設定する

バカラ 実践

上述した①~③の条件を元にBet額の基本単位を設定しましょう!
今回は例として、以下のデータが取れた機種の場合で設定してみます。

例題データ
  • フリースピン確率…1/200
  • フリースピン倍率…50倍
  • 平均カウント数…20回(出現率1/10程度)
  • コイン持ち…50%
  • 損切り条件①…$300凹みで撤退
  • 損切り条件②…カウント数25回で撤退

クー
さて、皆さんならどのように設定しますか?

ガチムチ
さっぱり分からん…

下半身鬼尾
平打ちするなら、$2位で良さそうだな!

ビチ子
アタシは直感で$1~3で変動させちゃうわ♡

恐らく、十人十色の答えがあるかと思いますが、ここでは個人的なオススメを紹介させて頂きます。

クー
ポイントは以下3点です!
  • フリースピン確率の2倍までの回転数(400回)は回せるようにする
  • カウント数に応じてBet額の強弱をつける
  • 平均カウント数を超えたら強めに(短期的に)攻める

順番に解説していきますね。

フリースピン確率の2倍までの回転数(400回)は回せるようにする

1/200の確率で1回以上当たる確率は、以下の通りです。


※参照:https://tools.m-bsys.com/calculators/pachinko_rate.php

理想を言えば、300回までで77%あるのでそこまでで決めたいところですが、どうしても下振れもあると考えると400回までが許容範囲といったところです。

カウント数に応じてBet額の強弱をつける

スロットの特性上、どうしても配当を獲得する契機がフリースピン偏重になってしまいます。
その事から『平打ち(フラットベット)』では勝ちにくいのが実状です。
仮に、全てデータ通りに配当が得られたとすると、平打ちの場合は100回転以降はマイナスになってしまいます…。

ガチムチ
じゃあ、どうすれば良いんや?!

クー
Bet額の強弱をつけるんです!

2、スロット攻略のカギで解説した通り、Bet額の調整が必要になります。
100回転以内にフリースピンに入ればプラス域になる可能性が高いので、それ以降では【追い上げ式】にBet額を調整するのがベターだと考えます。

とは言え、上げるタイミングが早過ぎると傷を広げて短命になってしまうので、カウント数を考慮してタイミングを計る必要があるという事です。

Bet額は強弱をつけるために、以下の2~3段階を設定する事をオススメします。

オススメ設定
①弱Bet:基本単位(例…$1)
②中Bet:基本単位×2(例…$2)
③強Bet:基本単位×3~4(例…$3~4)
保守設定
①弱Bet:基本単位(例…$1)
②強Bet:基本単位×2.5~3(例…$2.5~3)

平均カウント数を超えたら強めに(短期的に)攻める

Bet額の強弱についての延長で、平均カウント数を超えたら【伸るか反るか】の勝負に出る必要があります。

クー
最後は腹を括っていくしかありません!

平均カウント数を超える=良い波ではないとも捉えられますが、経験上少し追った方が通常高配当やフリースピンで戻しに期待できます。
ただし、追い過ぎは厳禁で損切り条件は徹底して下さい!
これも経験上ですが、平均カウント数の1/4超過したところまで追ってもダメな時はかなり泥沼化する可能性が高いです…。

ビチ子
追えば追うほどツラくなるのよね…

クー
それでは、具体的な数字に落とし込んでみましょう!

$300の損切り、50%のコイン持ちがある事から実質$450分スピン出来ると仮定します。

$450で400回は回したいので、450÷400=$1.125が理論上の1スピンの上限値になります。

Bet額の強弱をつけるために、200・150・50回転の区切りで弱・中・強Betを使用するとします。
200x+150・2x+50・3x=400より算出すると、x=0.615…となります。
(保守設定の場合、300・100回転の区切りで弱・強とすると…300x+100・2.5x=400よりx=0.727…となります。)
これが基本単位になります。

これを更に、カウント数ベースの区切りにすると、
200:150:50=4:3:1より規定回数25÷8=3.125
よって、以下のようにまとめられます。
1~13 14~22 23~25
$0.6(弱Bet) $1.2(中Bet) $1.8(強Bet)

クー
基本単位の金額はご自身の資金力に応じて設定お願いします!
推奨は資金の0.2~0.5%です!!
大勝ち狙いの場合は、倍額の0.5~1.0%で攻めるのもアリ。

4、攻略法の運用

さて、ようやくこれで準備が出来ましたね(笑)
ここからは実際に運用・実践のお話ですが、もう9割は準備の段階で終わっています!

クー
残りの1割はルール厳守で運用する事!

これのみです!これのみなんですが、やはり難しい…

ガチムチ
アカン、追い金して溶かしてもうた…

下半身鬼尾
なんだかイケそうな気がして…

ビチ子
あんなのじゃ満足できなかったの!

そう、こうなりがちなんです…。
自分も何度もこういった経験をしてきたので、そうならない具体的な対策を3つ伝授します!

運用時の注意事項
  1. 損切り額のみの入金
  2. 事前・事後の実践報告
  3. 感想戦・データの蓄積

1つずつ詳細を解説します。

①損切り額のみの入金

ガチムチ
なんやそんな事かい…!

クー
そう思ったあなたは要注意です!

これが運用時の最重要項目といっても過言ではありません!
なぜ重要なのかは言わずもがな、『お金』に直結するからです。

chome
『おにぎり理論』を思い出してくださいね。

ダイエットのために、昼食はおにぎり1個と決めてるのに3個も持って行く。
我慢出来ずに3個全て食べてしまう。
自己嫌悪に陥る。

勝つために損切りは2万円と決めているのに4万円も入っている。
我慢出来ずに4万円全て溶かしてしまう。
自己嫌悪に陥る。

また、次の3点にも注意を払ってくださいね。

  • 各カジノ内の出金申請を完了させておく
  • 各ウォレット内の残高を0にする
  • クレジットカードの上限回数・金額を制限しておく(1日1回、損切り額のみ)

クー
要するに、「予備のおにぎり」自体を持てないように徹底する事です!

ここまでしてやっと【損切り額のみの入金】になります。
もし追い金しようとしても物理的に出来ない(かなり手間がかかる)状況になっていれば、追い金の準備中に冷静になれるはずです。

『お金』に直結するので、ここだけはないがしろにしないようにしましょう!

②事前・事後の実践報告

恐らくですが…何かしらの形で【実践報告】をしていない人の99%は負け越していると思います!

下半身鬼尾
ギクッ…

クー
自分もついこの間まではそうでした(笑)

では、なぜ【実践報告】が効果があるのかを考えていきましょう。
また、具体的に誰に何をどのように報告すれば良いかも解説していきます。

実践報告の効果とは?

自分が体感している効果は、次の3点です。

  • 事前報告した以上、バカベットをしづらくなる
  • 勝っても負けても報告内容を考える事で物理的に間をおける
  • 事後報告でフィードバックを貰える

 

・事前報告した以上、バカベットをしづらくなる

会社での業務に置き換えると分かりやすいと思いますが、【事前報告】はある種の宣言・約束ともとれます。
例えば、外回り営業の仕事をしていたとして、「○○に訪問して●●時に戻ります」といった報告はごく普通というか、当たり前ですよね?
それを破ってしまうと、他の人に迷惑をかけてしまったり自分の信用を失ったりしてしまうので何が何でも守ろうとするはずです。
そして、帰社した際には訪問の成果や今後の動き方を報告すると思います。というか、上司からどうだったか聞かれますよね?

クー
この心理を利用しちゃいましょうw

「$○○でスロット勝負してきます!」
この一言があるだけで、追い金したりバカベットする可能性はグンと減ります。
いい意味で抑止力になるので、是非取り入れてみてください。

 

・勝っても負けても報告内容を考える事で物理的に間をおける

これはシミソンさんの理論に基づくもので、特に負けた時は意識して間をおくようにしています。

シミソン
勝ちが減ってもログアウトして、しばらくして見直せばただの自己資金

そもそもの推奨で「余剰資金でやる事」をお伝えしてますので、例え全損してもまだプラスのはずです。
そこでアツくなってしまうから、余計に傷を広げてしまうんですよね…。
報告の為にログアウトし一息ついて冷静になれば、トータルでプラスという事実は心の余裕になります。

また、報告内容を考える際に自分の立ち回りを振り返る事が出来るので、勝因・敗因の分析も出来て一石二鳥です。
この【振り返り】をしていない人も、恐らく99%負け越していると思います!

クー
実践内容がどうであれ、報告癖をつけておく事は必ずプラスになりますよ!

 

・事後報告でフィードバックを貰える

これは報告する相手にもよりますが…対個人に報告する場合は何かしらのレスポンスやフィードバックが貰えると思います。
上記の2点は抑止力に傾いていましたが、こちらは成長・進歩に繋がるものです。
自分では気づけなかった客観的な視点というのは、思いもよらないアイデアに繋がる事もあり、よりはっきりと問題点や改善点を浮かび上がらせてくれるはずです。

アドバイス目的というよりもアウトプットして自分の中で考えを整理する事が大事だったりはしますが、やはり反応が貰えるのは嬉しいですね!
「次も報告したい」という良いサイクルが作れると最高だと思います。

ビチ子
アタシの報告も聞いて~♡

クー
それは遠慮しておきます(笑)

下半身鬼尾
報告の重要性は分かったけど、誰に報告すれば良いのやら…

 

誰に何をどのように報告すれば良いのか?

これは悩ましい問題ですよね…。特に、【誰に】というのはすごく重要です。
自分なりの考えを2パターン紹介させて頂きますね!

・自分の手法が固まっていてブレない人

クー
妻、親友など身近な人に報告するのが良いと思います!

手法やルールが固まっているのであれば、必要なのは『抑止力』です。
嘘でごまかしきれない相手を選び、自分の考えをまとめてアウトプットを聞いてもらうのが良いでしょう。

下手にSNSや自分とは違う手法を使うカジノ仲間に報告すると、余計な情報を取り込んでしまいブレブレになる可能性が高いです。
また、SNSなどの特徴として良い面(勝っている面)だけを押し出す傾向にあるので、どうしても自分の利益が少なく感じてしまいがちです。
それで欲をかいてルールを破ってしまうなんて事は一番避けたいところなので、オススメしません。

・自分の手法が固まっていない人

クー
自分の理想とする人(メンター)一択ですね!

手法やルールが固まっていないのであれば、必要なのは『考え方・マインド』です。
この場合、一旦自分の考えは捨ててメンターの考えに染まりきる事が結局は近道です。
有料だったり、そもそも教えていない方も多いと思いますが、ダメもとで相談してみるのが良いと思います。

こちらの場合は身近な人だと甘えや妥協が出る可能性が高いのと、まだインプットが必要な段階なので知識と経験をつける事に重きを置くのが良いはずです。

ガチムチ
そうは言っても、そんな簡単には見つからんって…

クー
そんな貴方に朗報です!!
ここにはこんな素敵なコミュニティーがあるんですw

ビチ子
キャーッ♪(棒読み
オンラインコミュニティー
オンラインカジノで『ガチで勝ちたい人』のみが集まったオンカジ攻略コミュニティー。
実践報告をする環境があることで、今より各段に勝率は上がります。コミュニティー内の勝ち組率は73%!!
その他にも、実際に勝っているメンバーさんの立ち回り方法や手法も見放題!質問もOK!
有益な情報がここには詰まっているといっても過言ではない環境です。
値上げ前の今が入会のチャンスです!!

chome
私たちと本気で勝ち組を目指しませんか?!

クー
では、【何をどのように】という部分も解説していきます。

事前報告に関しては、どういった手法で何のゲームをやるか、また勝ち逃げ・損切り条件辺りの情報で十分です。

難しいのは『事後報告』ですよね…。実践内容からの情報は無数にあると思いますので、それを整理して相手にも伝わるように表現する必要があります。
詳細まで報告する方がもちろん良いのですが、事細かにやっているとキリがないのも事実です…。

そこで、個人的なオススメを紹介させて頂きます。

クー
ずばり、日記調にする事です!

ポイントとしては以下4点です。

  • 事実・結果を簡潔にまとめる
  • 実践中の主観(感情)と根拠を明らかにする
  • 今回の勝因・敗因を分析する
  • 今後の課題を考察する

当時の報告はコチラ↓↓

このように、かなり事細かに報告していました。
感情の変化や気づきを言葉でアウトプットすると良い刺激になり、フィードバックも頂きやすかったです。

クー
このおかげで収支が安定してきたと思います!!

③感想戦・データの蓄積

②実践報告の延長線上にもなりますが、スロット攻略においてはこの『感想戦』も大事になると考えています。

感想戦(かんそうせん)とは、囲碁、将棋、チェス、麻雀などのゲームにおいて、対局後に開始から終局まで、またはその一部を再現し、対局中の着手の善悪や、その局面における最善手などを検討することである。
※参照:Wikipedia

②で記載した【振り返り】をより分析寄りにし、次回の実践への対策を見つける事が目的となります。
デモプレイでは取れなかったデータとなるので、勝っても負けても貴重なデータに変わりありません。
やりっ放しではもったいないので、次に活かせるように「どこをどう改善すれば良いのか?」を考えてみる事をオススメします!

5、まとめ

まずは、ここまでの長文を読んで下さりありがとうございました!
正直、色々な情報を詰め込み過ぎてしまった感は否めないです…(笑)

クー
すみません、改善の余地ありですね。

ただ、ここまで読んで下さったというからには相当の熱意をお持ちだと思いますので、是非その熱意を結果が出る方向へと進んでみてください!
また、もし少しでも思うところがあれば、その箇所だけでも良いので何度か重点的に読み直して頂けると幸いです。より深い理解になれば、もっと良い実践が出来ると思います。

これを機に「スロットをガチで攻略してやろう」という猛者が現れる事を密かに期待しています。
また、今後も攻略のカギとなるような発信をしていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

クー
それでは!

 

お礼メールの嵐!過去に『380万円稼がせた』伝説的ルーレット攻略法

私はオンラインカジノのルーレットにおいて過去3年間で一度もマイナス収益となったことがありません。それは長年の経験による資金管理・メンタルコントールもさることながら、真剣にルーレットに取り組み様々な手法・ライブゲーム80万投分のデータ分析を行った成果だと思っています。今もなお私が軸として使用しているルーレット攻略法『極ルーレット十連法』は、配布させていただいた皆さんから約80%の確率でお礼のメールを頂けるほど効果の高いルーレット攻略法です。

kome
このお礼メールはごくごく一部です。ちなみに電子書籍のオファーも頂けました(笑)
おすすめの記事