どうもkoemです。

 

皆さんはご存知ですか?31法(31システム)という賭け方を。

 

kome
そのアイスクリームの○○みたいな名前やめろ。ややこしわ。

下半身鬼男
は?オマエが勝手に冷たくておいし~食べ物連想しちゃってるだけじゃねぇかよ。

kome
てめ。そこまで言ってんだったらサーティーワンって言えや。コ〇スぞタココラ。
おふざけはこの辺にしておきましょう。
今回はオンカジ初心者のために、詳しく31システムについてお話します。

31法(システム)って何?

 

オンラインカジノの攻略法として、絶対に欠かせないのがシステムベット。

 

様々なシステムベットの中でも、別名2連勝法と呼ばれる31システム法。

このシステムベットの大きな特徴は2連勝した時点で利益が確定し、最大損失が31単位であるということです。

 

そのため、2連勝法であり31システム法という名前なのです。そして使えるゲームは主にバカラ、ルーレット、ブラックジャック等、勝率50%のゲームで有効です。

31法の使い方

 

31システム法は2連勝したら利益が出て最大損失が31単位と言いましたが、これは基準となるベットサイズを1単位とした時、最大損失が31単位ということです。

 

kome
基本ベットが1ドルの時、31ドルの負けということですな。

 

 

今回は基本ベット1ドルとして、話を進めさせてもらいます。

 

まずはベットラウンドを、A.B.C.Dの4段階の9回に分けます。

 

A        1 1 1
B        2 2
C        4 4
D        8 8

Aは1ドルで3回。Bは2ドルで2回。Cは4ドルで2回。Dは8ドルで2回。

A        1 1 1   …累計3ドル
B        2 2      …累計7ドル
C        4 4      …累計15ドル
D        8 8      …累計31ドル

Dの2回目まで9連敗してしまったら、その時点でシステムは終了で31ドルの負けですね。

 

31法で利益が確定するタイミング

 

31システムは下の4段階にわけてベットしますが、

 

A        1 1 1
B        2 2
C        4 4
D        8 8

どのタイミングでも勝利したら次は利益分を乗して配当分そのままベットします。

 

例えば1ドルベットで勝てば2ドルの配当ですよね?そのため次は2ドルベットです。

 

8ドルでベット勝てば、16ドルの配当なので次は16ドルベットです。こうする事によりどのタイミングで2連勝しても利益が出るという事です。

31法の問題集

A        1 1 1      …-3ドル
B         2
C        4 4
D        8 8

 

Aで3連敗した時点で3ドルの損失です。次は赤文字のBの1回目2ドルベットです。ここの時点でトータルベットは何ドルですか?
もちろん5ドルです。

 

では赤文字の2ドルベットで勝利したらトータル損益はいくらですか?
−1ドルです。(累計5ドルベットの4ドル配当)

 

赤文字の2ドルベットで勝利し利益分を乗した4ドルベットします。ここで勝利した場合のトータル損益はいくらですか?
+3ドルです。(累計5ドルベットの8ドル配当)

 

このように9回の中でどこで2連勝しても必ず利益が出るようになっているのです。

A        1 1 1
B        2
C        4 4
D        8 8

 

ここの赤文字の場合、トータルベットが…7ドル

そしてここの2ドルベットで勝てば…4ドル配当

次に4ドルベットで勝てば…8ドル配当

トータルは…1ドルプラスです。

 

A        1(+3)(+2)(+1)
B        2(+3)(+1)
C        4(+5)(+1)
D        8(+9) 8(+1)

上記がそれぞれのタイミングで2連勝すれば確定する利益です。

 

各段階の1回目で連勝出来れば大きな利益となります。

 

31システムで損失が確定するタイミング

これはもう単純に2パターンです。

 

1.  9連敗した場合

 

はじめにも書きましたが、Dの2回目まで9連敗してしまうと31ドルの損失です。

 

起こりにくいとは思いますが、長くギャンブルをしていれば普通にありえることです。

 

kome
起こりにくいことが起きてしまった場合、メンタルには注意が必要ですぞ!

 

 

2. 9回目(Dの2回目)まで2連勝出来なかった場合。

ほとんどがこれだと思います。

 

4連敗して5回目で勝ったが、連勝出来ずにまた4連敗した場合等です。

 

kome
2回連続で勝つことって、簡単なようで結構むずいんですよね。。

 

31法のメリット・デメリット

ここでは31法のメリット・デメリットを記載します。こういった攻略法(システムベット)には一長一短があり、使いこなせれば勝率は上がります。

 

kome
いろんなシステムベットの良いとこどりを目指して下さい。一つに頼ってしまうと絶対いつか破綻しますからね💦ちなみに、下のルーレット攻略法でもシステムベットを取り入れています。現段階で最強のルーレット攻略法ですのでチェックしてください!

 

31システムのメリット

 

  • 2連勝で利益が確定する。
  • 損失額が決まっている。
  • 損失の膨らみが緩やか。
  • 損切りのルールが明確。
  • 利益が比較的大きい。

 

31システム法はマーチンゲール法に比べて、損失の膨らみが緩やかなのでゆっくりプレイすることができます。

 

さらにマーチンゲール法はどのタイミングで勝ったとしても得られる利益は必ず1単位のみです。マーチンゲール法の正しい使い方は以下の記事をご参考にしてくださいませ。

 

しかし31システム法では、平均2.88単位の利益があります。

(9回の各回で得られる利益の合計26÷9)

 

31システム法のデメリット

 

  • 連勝が必ず必要。
  • 利益よりも損失の方が大きい。

31システム法の1番大きな特徴は、必ず2連勝が必要ということです。

 

10回の勝負の中5勝5敗だとしても、連勝が出来ずに勝敗が交互に続く展開だと損失は膨らんでいきます。

 

この勝敗が交互に続く展開というのはカジノではよくあることです。そういった展開には向きません。

そして損失が31単位と決まっているのもメリットではあるものの一度の負けで31ドル失いますが、一度の勝ちで平均2.88ドルですのでどうしても損大利小になってしまいます。

 

まとめ

 

31システム法に限らずオンラインカジノの攻略法には絶対に良い面、悪い面はあります。

 

良い面しかないのであればそれは必勝法です。

しかし残念ながらカジノ必勝法はブラックジャックのカウンティング以外見つかっていません。

しかしカウンティングもカジノ側に禁止されていますので、やっぱり必勝法はありません。。

大事な事は、その攻略法がその人に合っているか合っていないかだと思います。

自分にあった攻略法を見つける事が、オンラインカジノ攻略の第一歩だと思います。

その中でこの31システム法は負けたらベット額を上げていく攻めのシステムベットです。

この攻めのシステムベットの代表格がマーチンゲール法ですね。

負けた時に仕掛けていくので、失敗した時の損失が大きくなってしまいます。これは31システム法でも同じですね。

そのため、そもそもマーチンゲール法が合っているかどうかですね。

 

そもそも負けた時に仕掛けていく、ベット額を上げていくという事が苦手な人にはあまり向いていないのかも。。

 

マーチンゲール法は得意だけど損失の膨らみが早いのが気になっている人や、マーチンゲールは苦手でもとにかく資金管理能力を身に付けたいにとっては物凄い効果的だと思います。

ただこの31システム法に限らずオンラインカジノ攻略の為の一番大事なポイント、ひいてはカジノ唯一の必勝法は勝ち逃げすることです。

これを意識して自分に合うシステムベットを見つけたらオンラインカジノ攻略は目の前ですから、頑張ってみて下さい!!

おすすめの記事