【オンカジユーザー勉強会vol~1】オンラインカジノ決済手段にもあるビットコインについて

どうもビットコイン初心者のkomeです。

もうすでにベラジョンカジノやパイザカジノ等の大手カジノサイトでは『ビットコイン決済』が導入されてきていますね。この勢いでいくと他カジノサイトでもまだまだ普及していきそうに思います。

また、今オンラインカジノ決済方法として主流である『ecopayz』。オンラインカジノユーザーからの嘆きとして【割高な手数料】【引出上現額が低すぎる(15万円)】等、あまり評判は良くないですし、実際に利用している私も手数料で頭を悩まされることがしばしば….(引出上限額は私の場合問題なしw)

しかも、そのecopayz、今後の雲ゆきが非常にあやしいとの情報が私の元に入ってきております。(詳細は記事の最後の方に書いてあります)

そこで…

「ビットコインってあんまり良く分かんない…>_<…」

って方にビットコインについて最低限必要な情報を要点を絞ってお話していきます。ビットコインの事はある程度知ってるよ!って方はすっ飛ばしてくださいネ‼︎

ビットコインについて

今や全世界から熱い視線が注がれているビットコインですが、はたしてそれがどんなものなのか、よくわからないというのが現状ではないでしょうか?

私もはじめはビットコインの実態がわからず、日々勉強したものですw

ビットコインは仮想通貨(バーチャル・カレンシー)と言われますが、バーチャルである故に手に取って触れる事ができず、それがどんなものか世間でも意外と知らない方の方が多くいらっしゃいます。

しかし、本当に知らなくても良いのでしょうか??

この記事を書いた日(2017/8)の時点で時価総額はなんと180億ドル(1兆9000億円)にも上ります。2年前には30億ドルですからその伸び率は計り知れませんね!

時価総額の伸び率と比例してビットコインのユーザー数も拡大の一途をたどっています。現在の時点でユーザー数は全世界で1386万人。これも時価総額と同様に1年前は500万人ですから、およそ3倍近くになります。この現状を踏まえ、私たちはオンラインカジノに関係なく、将来を見据えた行動とし、ビットコインについてをより深く、勉強していく必要があるのではないでしょうか?

実際に銀座にあるビットコイン専門ATM

ビットコインとは?現金との違いは?

ビットコインは『仮想通貨』や『暗号通貨』の1つといわれています。ただ、そうしたくくり方は、ビットコインが持つ一面を表すにしかすぎません。

ビットコインは、アナログの現金とは異なる『デジタル通貨』であり、特定の国に属さず、世界中で通用する『国際通貨』でもあり、誰かが一元管理するのではなく、世界中の人たちの手で運用される『分散型通貨』でもあります。この『分散型通貨』というのが一番のポイントかもしれませんね!

実態をもたない「バーチャルなお金」

現金と聞いて最初に思い浮かぶのは、福沢諭吉の一万円札や、百円玉や五百円玉などでしょうか。日本の『円』や米国の『ドル』はリアルな紙幣やコインとして手で触れる事ができ、財布に入れて持ち運ぶこともできます。

一方、『仮想通貨』であるビットコインは、実態をもたないバーチャルなお金なので、手で触れる事はできません。しかし、『ウォレット』と呼ばれる専用の財布にいれて持ち歩くことができます。実は『ウォレット』もバーチャルな財布なのですが、スマホやパソコンに『ウォレット』のアプリを入れておけば、いつでもどこでも使う事ができます。

スマホを紛失すると『ウォレット』ごと盗まれる可能性もゼロとは言えませんが、今は指紋認証などの生体認証付きのスマホが主流です。また、紛失した時にスマホのデータを消去できる仕組みもあるので、現金入りの財布を持ち歩くよりも安全と言えるかもしれませんね。

ちなみに、ビットコインそのものはスマホにダウンロードされているわけではなく、クラウド上に保管してありますのでスマホのデータが完全に消去されても、ビットコインが失われる心配はありません。別のスマホやパソコンからログインしなおせばちゃんと残っているから大丈夫です。

持ち運び自由の『電子データ』

現金は銀行に預ける事が出来ます。皆さんが銀行に預けた現金は、一万円札や千円札のまま銀行の金庫に保管されているのではなく、他の人に貸し出されたり、運用に回されたりして、リアルタイムで姿を変えていきます。そう考えると、預金通帳に記載された金額は、帳簿上の数字、つまり電子データに過ぎないわけです。

銀行預金は自由に引き出すことができます。ATMで引き出してはじめて、電子データはリアルな現金に姿を変えます。その意味で、銀行預金は現金というよりも、デジタル通貨に近いものがあります。

『デジタル通貨』でもあるビットコインは、電子データに過ぎないので、どれだけ金額が大きくなっても、逆にいくら細かい金額に分けても、手間は同じで、ポケットがかさばる心配もありません。1円単位の支払いから、財力がある人なら数百、数千万円単位の支払いまで、すべて同じ『ウォレット』を通じて行う事ができます。

ただし、ビットコインをそのまま一般の銀行に預ける事はできません。先ほども言いましたが、みなさんが手に入れたビットコインは、自分のスマホやパソコンにダウンロードされるわけではなく、取引所が用意したクラウド上に預けっぱなしになっています。

株を買っても株券の現物をもらうわけでもなく、証券会社に預けたまま、売買の指示を出して実際の取引を代行してもらうように(現在はデジタル化されて現物の株券そのものが希少)ビットコインの取引でも、みなさんはアプリで指示を出すだけです。実際の送金は、ビットコイン取引所などが行います。

特定の国に属さない「国際通貨」

日本国内では『円』ですべて支払いが行われ、米国内では『ドル』ですべての用事が済むように、各国の通貨はその通貨を発行する国と切っても切れない関係にあります。日本銀行や米国のFRB(連邦準備制度理事会)、欧州のECB(欧州中央銀行)など、各国の中央銀行は通貨を発行し、発行済の通貨の量(マネーサプライ)をコントロールすることで、金利や景気に影響を与えています。

ビットコインは、どこか特定の国や中央銀行に当たる組織が発行しているわけではありません。

国によるコントロールを受けないので、世界中どこでも同じように使うことができます。その意味で、真の『国際通貨』と言えるでしょう。

民主的な運用と分散型ネットワーク

特定の国が発行・管理していないビットコインは、その代わりに、ネットワークに参加している人たちが主体となり、自分たちの手で運用しています。世界中のいたるところで1日24時間、365日行われている取引を、参加メンバーがお互いに承認しあう事で『取引の正しさ』を担保しているのです。

それを支えるのは『P2Pネットワーク』による分散処理システムです。中央のサーバーで集中処理するのではなく、ネットワークに繋がれたコンピューターが取引の正しさを承認するために、世界中で稼働しています。

誰かが一元管理するのではなく、メンバー相互の承認によって運用されているので、きわめて『民主的な通貨』ともいえるし、中央集権型のクライアント・サーバー方式とは正反対の『分散型通貨』ともいえるのです。

ビットコインは『暗号署名入り』

現金を所有する事はできますが、ある特定の『一万円札』の持ち主が自分だと名乗る事はできません。お札に所有者の名前が書いてあるわけでもなく、この一万円札もあの一万円札も誰のものでもないからです。

たまたま手にしたその人が一時的に『一万円という価値』を所有しているにすぎないので、もしもその一万円札が誰かに盗まれ、どこかで使われてしまっても、

『この一万円札は私のだから返して』

という理屈は通じません。

また、自分で働いて得た一万円も、投資で儲けた一万円も、ギャンブルで勝った一万円も、盗んだ一万円も、すべて同じ一万円であって、そこに違いはありません。『現金に色はない』のです。

『暗号通貨』であるビットコインも『名無しの権兵衛』である所までは同じですが、『電子署名』という暗号技術によって、現在の所有者に無断で送金できないようになっています。Aさんの所有するこの1ビットコインは、Aさんの許可なく、勝手にBさんのものにする事はできません。

それだけではなく、ビットコインには、過去のすべての所有者の名前が記録されています。そのため、ビットコインがどういう取引を経由して現在に至ったのか、必要であれば、後からさかのぼって確認することができます。

このような性質があるため、ビットコインをはじめとする仮想通貨は、マネーロンダリングのような不正操作には悪用されにくいという特徴もあるのです。

まとめ

私たちオンラインカジノユーザーの中でも徐々に認識され始めているビットコイン。ビットコインの特徴や便利さを早めに察知し、決済方法としてビットコイン決済を導入し始めているオンラインカジノサイトも出てきました。

しかし、大半の方はビットコインのことをあまり理解しないまま『手数料の安さ』から口座開設し、利用しているのではないでしょうか?今後、間違いなくオンラインカジノの決済手段として普及する事でしょう。また、普段の生活においてもビットコインは身近な存在になり(もうすでに東京の超有名なお寿司屋さんではビットコインでお支払いが可能)私たち人間にとって切っても切れない関係を気づいていくことになるだろうと私は思っています。

そのため、このブログを通じ『ビットコイン』の情報を引き続き発信していきたいと思います。

※ecopayzの雲行きがあやしい話

私の知人でecopayzで働く社員の方がおられます。その知人が

『恐らく将来的にNETTLERと同じ運命をたどることになる…….』と。

次のecoカード更新月には更新ができなくなるだろうと……

以上w

ビットコインへの早めの移行をおすすめします!

↓ビットコイン対応カジノサイト

出金スピードNo.1&出金上限額なし!
業界で評判No.1「PAIZAカジノ」

kome
ビットコイン決済導入で使いやすさもバツグン!セクシー系ディーラーとのバトルも楽しめる。もちろんモバイル版でも楽しめます!

PAIZA(パイザ)カジノの出金速度は評判とおり!!入金~ビデオスロットプレー~出金までの実践記録を公開

2017.06.06

日本人にとって使いやすさ抜群のサイト!
日本人利用率&知名度No.1!
「ベラジョンカジノ」

kome
知名度もかなり高く私も使い込んでますwビットコイン決済も導入され、満足度&使いやすさがUP!もちろんモバイル版でも楽しめますよ!

【ベラジョンカジノ】たまにはビデオスロットで大勝ちを狙うのもありだと思う...粘って粘って30万円獲得!?

2017.05.01

さぁ安定して稼いでみよう!

komeが実際に稼いでいる手法です。
ルーレットって地味で勝てないイメージですよね?
それは戦略がないからなんです。
戦略とマインドセットさえあれば安定して稼ぎやすいのがルーレットであると実践を通じて学びました。

jfirr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)