2018念現在の有力なカジノ候補地3つの県について

最近は、オンラインカジノの事をメインで書いていますが、本日は日本のカジノの現状についてお話ししていきたいと思います。

日本でもカジノ法案が成立した事で日本でもカジノが解禁されるのではないかと期待する人も増えてきています。

カジノ候補内はどこなのか?!

日本でのカジノが解禁される事になれば一体最初のカジノはどこに出来るのか??!という事が問題になります!そこで現在、カジノの候補地として期待される場所を詳しく解説そして紹介していきたいと思います。

日本でも色んな都道府県でカジノ候補地として名前があげられていますが、どのような地域が候補地となっていると思います。

大阪の夢洲

まず1番名前を聞く候補地は、大阪の夢洲だと思います。夢洲と聞いてピーンと来る人は少ないかもしれませんが、夢洲という場所は、大阪府此花区にある人口の島です。

最寄り駅は地下鉄中央線のコスモスクエア駅になるんですが、夢洲までは車でしか2018年現在では、行く事が出来なくなっています。

ですが、この夢洲は、カジノを建設する上でかなり立地条件は良い場所だと僕は個人的に思っています。

広大な土地が余っている

まずどのような理由でオススメ出来るかと言いますと、夢洲は100ヘクタールを超える広大な土地が余っています。

そして、なぜこのような広大な土地が余っているかと言いますと、2008年のオリンピック勧誘の為に、五輪の開催地そして選手村などを作るために準備された土地なんですが2008年の五輪では勧誘に失敗してしまい中国に開催場所が決定してしまいました。

ですので大阪では、夢洲は忘れられた土地として負のイメージを抱えています。ですので大阪府としても、こおn夢洲を有効活用して経済発展に活かせないかと強く考えていると思います。

近くにも観光施設が多数

そして夢洲は海岸沿いに位置する場所になっているんですが、近くにはユニバーサルスタジオジャパンや海遊館など人気の観光施設が存在しています。

カジノが出来た際も、このような観光施設まで距離が近いので非常に人気のスポットになる事は間違いないと思います。

中国人観光客が圧倒的に多い

そして、大阪は日本でもトップクラスに海外旅行の方が非常に多く訪れる場所です。中でも中国人の方は最近かなり急激に増えており、カジノが出来た際にも中国の富裕層の方が気軽に行けると考えます。

尚且つ、中国の富裕層の方は、お金持ちのレベルも桁違いですので日本の経済に大きな影響を与えてくれるのではないかと予想されます。

神奈川県の山下ふ頭

次にカジノの候補地として名前が上がっているのが、神奈川県にあります。横浜の山崎ふ頭と呼ばれる場所です。この場所は、昭和30年代に完成して、大型のふ頭の先駆けとして、横浜港の物流の要になっていました。」

ですが取引量が徐々に現象していき、今ではピーク時の1/10以下になっています。

ですので、以前は経済効果としても大きな成果を上げていた場所だったんですが大阪の夢洲同様に土地の有効活用がどんどん出来なくなっています。

市民の反対意見が多い

そして気になる問題点としましては、神奈川県側としては、カジノ候補地に立候補しててやる気はあるんですが問題の地域の方(市民)の反対意見が7割ほどあるので、現状はちょっと難しい部分も存在しています。

やはり、このような大きな施設を建設する際には、地域の方の協力が必要になってきますので、市と住民の方の意見が合わせれるように協力する事が必要になりそうですね。

東京のお台場

そして、次の候補地として名前があがっているのは、日本の首都である東京のお台場です。この記事を読んでる方も、ほとんどの人がお台場という場所を知ってる人ばかりだと思います。

お台場はレインボーブリッジを超えていく事が出来る場所でお台場にはフジテレビなどのテレビ局が存在しています。景色も綺麗で観光客の方も行く方は多いのではないでしょうか?

お台場にはフジテレビも勿論なんですが最近ではレゴランドや買い物施設そして様々な飲食店があり人気のエリアになりつつあります。

ですので、お台場にカジノが出来ても色んなお店の売り上げなどで相乗効果が狙えるのではないかと思います。更に東京は、日本の首都ですので、立地条件的にも文句なしだと思います。

テレビ局も積極的

そしてお台場に出来る事でフジテレビもかなり積極的にカジノの候補地として積極的に動いています。フジテレビ側の考えとしては、カジノ×テレビの連動性を狙っての事だと思います。

このようにフジテレビがバックで頑張っている事を考えると、多少有利になるのではないかと思います。

まだまだ決定には時間がかかる

カジノの候補地として様々な場所の名前があがっているんですが、まだまだ各地で名乗りを上げている都道府県が存在します。長崎のハウステンボスや宮崎そして和歌山など色んな県が積極的にカジノの候補地に名前をあげています。

と言うのもカジノが出来る事でカジノの売り上げは勿論の事なんですが、そこに訪れる方が他の施設に流れる事でかなり大きな経済効果があるからなんです。

カジノに対してネガティブな意見を持ってる方も非常に多いと思いますが、実際の所カジノが出来る事で様々な経済効果が期待出来ると思います。

やはりカジノが出来る事で、かなり多くの方が来る事は間違いないでしょうし、それに伴い、カジノの近くには色んなお店が増えると思います。

と言う事は、そこで働く従業員の方なども募集されると思います。よって地域の活性化に大きく繋がると考えられ各都道府県が積極的に声をあげています。

カジノ候補地はいつ決定するのか?!

それでは、日本のカジノ候補地はいつ頃決定されるのでしょうか?先ほども説明させて頂きましたが、カジノ候補地を決めるには、市民の方の賛成の声を得る必要が出てきます。

ですが、現状は反対の声が各都道府県でも多く上がっており、すぐに決定という事は非常に難しいと考えられます。ですが日本としては、2025年になると予想されています。

2025年にカジノが出来るという事を考えると準備にも3年前後の時間がかかると思います。

カジノが出来るだけなら、そこまで時間はかからないと思いますが、大型レジャー施設という事になるので、3年前後の期間が必要になり2022年前後にはカジノの場所は決定されると思います。

現在が2018年ですので後4年ほど経過する事で実際のカジノの場所が決定すると考えると非常にワクワクしますね。

まとめ

どうでしたか?今回は日本のカジノの候補地について紹介してきました。まだまだ各地でカジノの候補地として反対の声が多い野茂現状ですが、今後はいかに多くの方に賛成して頂き、地域の方と市や県が一体となる事でカジノの候補地が決定してくると思います。

カジノが出来た事で得られるメリット・デメリットを詳しく多くの方が理解する事で多くの方が納得した上で候補地が決定すると良いですね。

さぁ安定して稼いでみよう!


komeが実際に稼いでいる手法です。
ルーレットって地味で勝てないイメージですよね?
それは戦略がないからなんです。
戦略とマインドセットさえあれば安定して稼ぎやすいのがルーレットであると実践を通じて学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)