【祝】国内初のオンラインカジノ逮捕者が裁判で不起訴を勝ち取る!!

どうもkomeです(^ ^)

「オンラインカジノって違法ではないの?」

「逮捕とかの報道も見た事あるし…」

「違法でも合法でもなかったら、なんか恐いよね」

まだまだオンラインカジノに対するイメージの中で「恐い」「違法性」「勝てない(信頼性)」のような否定的なイメージが付きまとっているのが現状かと思います。

>>>オンラインカジノの信頼性についてはこちら

特に「違法性」の部分。

もしかしたら逮捕されてしまうのでは?という思いはプレイヤーさんやこれから始めてみたいという人を相当苦しめている事実。

現在の曖昧な法律では処罰も下される筈がないと私自身強く信じている。

そんな中先日、オンラインカジノ業界(オンラインカジノユーザー含む)を歓喜させる出来事が起こりました!!

 

事の発端は2016年3月、国内初オンラインカジノプレイヤーの逮捕劇

※以下日経引用

3月10日、京都府警サイバー犯罪対策課などは、海外で開設された無店舗型オンラインカジノで賭博をしたとして、大阪府などの3人を単純賭博容疑で逮捕した。
無店舗型オンラインカジノで利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。
逮捕容疑はインターネットで接続するオンラインカジノ「スマートライブカジノ」で2月18~26日、「ブラックジャック」で賭博をしたとし、全員が容疑を認めたとのこと。
スマートライブカジノは、英国に拠点を置く登録制のオンラインカジノであり、日本語版サイトは2014年9月頃に開設された。日本語版の一当たりの売上高は約95万円(年換算では約3.5億円)。
利用者は会員登録し、クレジット決済の代行業者、電子マネーを通じて、外貨に換金し、賭博(賭け、払い戻し)する仕組み。
京都府警は2015年10月にサイトを発見。日本語版サービスは、ディーラーが日本人で、開業時間が日本時間の夕方から深夜に設定されていたから、京都府警は、事実上、国内の日本人向けにカジノが提供されていると判断。
クレジットカードの使用履歴などから容疑者を割り出した。

逮捕劇から約10ヶ月後の2017年1月、不起訴となる。

 

まずは以下の記事をご覧ください。

こちらは摘発された3名のうち1名を弁護した弁護士のブログ記事になります

このブログについてお話する前に、摘発された他の2名についてまず説明します。
摘発された3名のうち2名は、
公判で争わず、「略式起訴」による罰金刑をそのまま受け入れています。

「略式起訴」とは、実際に刑事裁判を行わず、
罰金だけ払って済ませる簡素的な手続きです。

つまり、略式起訴で罰金刑にする場合は、
法律上妥当であるかを裁判で争うことがなく、
刑が確定することになります。

ただし、上記ブログの弁護士が弁護したプレイヤーに関しては、
私と同様、この摘発自体が法律に則っていない、
不当なものだと主張し、争うことを選択しました。

そして結果として不起訴が成立したことになります。

さて、私として興味深いのは、この弁護士の方が不起訴にした法律上の根拠であります。

ブログ記事を要約しますと、

通常賭博法とは賭博を提供している、いわゆる運営者側を処罰するためにあります。
そして、プレイヤーに関しては、運営者を有罪とする捜査に付随する罪という位置づけになります。

オンラインカジノの場合は、
運営者は海外のライセンスを取得して運営している以上、
完全に合法的に行われています。

つまり、
胴元の運営者を賭博罪で有罪にすることができないとわかっていて
プレイヤー側だけを処罰することは不当である。」

実際に、賭博犯の捜査は胴元の検挙を目的とするべきだと、
「賭博事犯の捜査実務」でも書かれているとのことです。

やはりこの3名のプレイヤーを摘発したこと自体、
どれだけ不当なことだったかがわかります。

しかしこの判決のおかげで紛れもなく、

「オンラインカジノ」は違法では無いことが証明されました。

この判決をきっかけに日本の「オンラインカジノ」の法整備をしっかりと進めてほしいものですね。

一番勝てるギャンブル = オンラインカジノなのですから。

さぁ安定して稼いでみよう!

komeが実際に稼いでいる手法です。
ルーレットって地味で勝てないイメージですよね?
それは戦略がないからなんです。
戦略とマインドセットさえあれば安定して稼ぎやすいのがルーレットであると実践を通じて学びました。

jfirr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)